mamaokapi in hawaii

サーフィンコンテスト デビュー

Mothers Dayは、我が家の男衆が一日母の願い事を聞いてくれるスペシャルな日です。
今年はカハラモールをみんなで歩いていると、サーフショップで目にしたものが、Keiki Surf Contest。
翌週末に開催ってことで、すっかり見過ごしておりました、、、。

ま、去年まで「コンテスト出てみる?」って聞いてみても、
「コンピート(競争)するのはイヤ!」の返事ばかりで、今年も諦めていたんですが。
どうやら、「やってみたい!」と言い出したらしい、、、。
〆切はとっくに過ぎているけど、当日券で早朝並んでエントリーに空きがあれば出れるらしい。
それにしても、ブギーボードばっかりでサーフボードに一月以上乗っていない息子に試合?!

、、、、当日、6時起きでワイキキクイーンズビーチに立っていた我が家。
無事エントリーをすませたら、息子の試合は翌日とのこと。
この日はとんでもない大きさの波がサウスショアに押し寄せてきて、みんな苦労してました。
大丈夫なのか、息子よ。

翌日、波は多少落ちたものの、ジャンクな波で。
あれよあれよと言う間に息子の番。一人っきりでポイントに出た事がないのに、大丈夫なのか?
いつもはタイミングを父に教えてもらっているのに、ビーチで待つ父の声はポイントまで届きません。
初戦はラッキーなことに波にいくつか乗れて、あれよ?という間に二回戦へ。
まさかの二回戦進出に、母はカメラのバッテリーが無くなっているのに気付き、慌てて充電のために帰宅。
なんとかワイキキの渋滞をすり抜けて、ギリギリ二回戦に間に合いました。
さすがに、二回戦は波が読めずに時間内に乗り切れず、敗退。
ビギナーズラックはあったといえ、本人は自信が出来た様子。
この夏は少し頑張ってくれそうです。

a0048361_5132293.jpg

[PR]
<< 夏休み 2013 前半(高松編) 8歳を迎えて、、、 >>