mamaokapi in hawaii

日本にて・・・上空編


 NW航空 ホノルル発成田行。天気は良好、コンディションもそれほど悪くなく、飛行機は無事に飛び立ちました。離着陸時は、何か飲ませるのがよいとのウワサ。今のところ100%母乳かつ、短時間の飲みっぷりが定着したShoに授乳するには、かなりのタイミングが必要でした。
 この日の朝から授乳時間を計算しつつ、空港では相変わらずスマイルを周りにめい一杯披露。飛行機が動き出したとたん、待ちきれずに泣き始め、まだ離陸体制じゃないんだからもちょっと我慢して・・・と、気持ちが焦るのと比例して泣き声はアップ。ちょいと早めでしたが授乳を試みて、なんとか耳を痛がらずに、切り抜けました。行きの便は、結構大人しく、なんとバシネットでも嫌がりながらも寝てくれることしばし。わたしたちは食事も無事にありつけ、周りのお客さんもニコニコでShoを見つめてくれてました。着陸時も何とか、吸ってくれました。ふー、案ずるより産むが易しってね。
 これが、NWのバシネット。これは、行きの飛行機で撮ったもの。いい顔してますやん。
a0048361_7484173.jpg

 離着陸時は使えないことから、飛行機が安定してからセッティングされるバシネット。でも、空き箱を組み立ててクッション入れるところみると、捨て犬を拾ってきたみたいな光景。背伸びするとはみ出すし、ちょっとShoにはむいて無さそう。
 そして、同じくNW航空、成田発ホノルル行。定刻より10分早く飛び立ってくれたものの、バスで仮眠を取ったせいか、なかなか寝付けず機嫌が悪く、飛行機が動き出す前から大泣きになりました。嫌な予感が走ります。
 何とか離陸は切り抜けたものの、バシネットでは大人しくしてくれること一度もなく、Mがビョルンで何度も周り、ありとあらゆるおもちゃを試みるも効き目なし。後ろにいたカップルは、お酒がまわってるせいもあってか、苦しい顔もなく笑顔で見つめてくれてました。(ありがとう)
 隣の中央列にいる8ヶ月の女の子は、そりゃもぉ、大人の目をしてShoを哀れんでくれておりました。ほんと、あのお姉ちゃんにバシネット差し上げたかったねー。
 お陰で全く眠ることもできず、わたしは何度となく腰に激痛が走りと、散々な思いで帰国。予定よりも30分早く到着してくれたのが幸いだったけれども、ほんと、長い長い飛行機でした。

 ちょこっと補足。
 国内線で使ったJAL。すぐに子供用ブランケットを出してくれるし、オムツ替えの台もセッティングしてくれるし、簡単な絵本も出してくれるし、おまけにおもちゃも貰えたし。こっちは時間が短かったせいもあるけど、断然よかったねっ!

[PR]
by mamaokapi | 2005-11-22 15:50 | 今日のSHO
<< 日本にて・・・健康編 一難さって、また一難・・ >>