mamaokapi in hawaii

ねんねトレーニング 1日目の夜

 すんなり寝てくれたSHOなのですが、やはり23:30に目が覚めました。
とほほほ・・・涙。
 Mが対応するも、困難極まってる模様。が、ママの気配を感じると興奮すると言うのでわたしは別室へ。日本から持ってきてもらった本を読んでるうちに、あれ、泣き声が消えた・・・!でもって、こっそり部屋を覗いてみると、

   ががーーーーーん!
      FUTONベットの上で二人が寝ているっ!


 これじゃ意味ないじゃん!怒っ!! でもって、Mの耳に「失望したよ」と告げて部屋を出たら、SHOをクリブに戻して自分も部屋に戻ってきた。僕の読んだ限りでは、15分やって駄目なら抱きもせず、乳もあげずに側で放って置くとあったんだ・・・と。

 やばい・・・。父母の見解が見事にずれている・・・。やる前にもっとしっかり話しをしておくんだった。この本のトレーニングも参考にしている博士の本を、実はSHOが6ヶ月の時にMは読んで一度試したことがある。けれども、どうも泣き声に耐えられず、わたしが「もう、やめよう」と言ったら・し・い。「あの時、続けていれば・・・」なんて、ネガティブなことを言い出したから、少し腹が立つ。

 次に2:40。予定通りに目を覚ますSHO。今回はMの手を振り切り、規則違反だけども母が登場。根気よく30分続けて、一人で寝についた様子。誇らしげに部屋に戻ったけど、張った乳が気になってなかなか寝れなかったよ。

 そして6:00。もう、回りは明るいんだよね。乳のことも考えて、とりあえず朝ごはんにと母乳を与える。30分続けたけれども、SHOは乳のせいでパワーアップした様子でM登場。こんなに明るいと寝れないんだよ、もう彼は起きてるし、泣き叫んで「おしおき」されてるみたいだよ。と、SHOを擁護。仕方なく、クリブから出して一緒に遊ぶ。

 家族全員、土曜日の早起きで、しっかり話し合い。そうそう、何でもこの話し合いが大事なんだよね。最近、忙しいのと疲れとで、相手はわかってるって思い込んでた所があったっけ。うぅ・・・、わたしが先を急ぎすぎたのか。今夜はMが担当すると言ってるけれども、大丈夫かなぁ。

 そんなSHOは、今9:30に早めの昼寝につきました。泣き叫んで乳と一緒に。うちの場合、

「クリブが大嫌い」
「添い寝しないと落ち着かない」
「母乳がないと眠りにつけない」

と三重苦なわけで、かなりタフなトレーニングになりそうです。
とほほほ・・・大きな涙。

[PR]
by mamaokapi | 2006-05-14 04:56 | 今日のSHO
<< ねんねトレーニング 2日目の夜 涙の一日 >>