mamaokapi in hawaii

里帰り〜ヒット品

 まずは、やっぱりOFamilyより教わった『Sling Box』でしょうか。これを自宅のTVとPCのルータに繋げるだけで、ハワイから自宅のTVが見れるのです。難点といえば、時差ですけどね。とりあえず、午前中にやってる教育TVものと、はなまるまーけっとくらいは毎日見れています。やっくんの話を午後に聞きながら子育てやってるなんて、なんか不思議な感じ〜。これで、少しは日本のこと、タイムリーに知ることができるかな。
 次は、大阪滞在時に行った『海遊館』。ジンベイザメや色んな赤ちゃんがみれて、水族館好きのSHOにはもってこいでした。SHOと一緒に、日本にある色んな水族館を巡ってみたいなぁ。
 そして「アオサ」。これはOFamilyのところでよばれた一品なんですが、SHOが結構ぱくついていました。お味噌汁に入ってたんですが、こういうお味も、うちの息子、いけるんですよね、意外。。
 それと日本の児童施設。地方自治体が運営してるものは規模もでかければ、利用料も無料。ハワイの「DiscoveryCenter」も顔負けの施設があんなに幅広い子供たちに提供できるなんて、日本は羨ましいなぁ。ちなみに私が行ったのは『さぬき子供の国』。雨が多かったので助かりました。あと、とらまる座の人形劇も結構本格的でよかったわぁ〜。
 そして、そして、子供ショップ。アンパンマンや新幹線のキャラクターものから素朴な商品まで、あんなに種類があっては日本の親御さんもお困りでしょうに。ネットで入手したものよりも安かったりして、ちょっとショックな商品もありましたが、今回は大人になっても使えるというハイチェアを購入しました。日本はMade in Japanのグッズもいいけれども、アメリカはもちろん、ヨーロッパの商品も同様に手軽に入手できるので、選択肢が広い!羨ましいぞ〜!
 温泉。やっぱり冬の日本はこれに限るでしょ。2日に一度は近所の温泉にあちこち行ってました。SHOもお風呂が大好きで、露天風呂の敷石を放り投げるのが楽しいらしく、なかなか出ようとしませんでした。今回はお寺巡りで訪れた日本最古の道後温泉にもSHOは浸かっておりました。あそこ、結構水温が高いんだけどもねぇ。
 SHOが日本でマスターしたものの中に「ばぁば」と「イナバウァー」があります。どっちもばぁばから伝授されたものだけども、「ばぁば」は発音が我が子ながら可愛くて、こっちに戻ってきてから聞けないのが残念。この流行語大賞にもなった「イナバウァー」(荒川静香の得意技)は、私も最初はわかんなかったけど、本人これを言われるとのけぞります。
 紅葉も見頃で、宮島の紅葉はきれいだったなぁ。ここにいる鹿が気になってしょうがないのがSHOさん。この日は雨もすっかりあがって、緑と赤のコントラストが見事でした。
  Mが出張で私の実家から直接、韓国へ出張に行ってる間、母はトンカツたっぷり食べました。SHOにも初めてのお子様セットを注文してもらい、カツ以外は全てたいらげてくれました。ついてたおもちゃのトラックもお気に入りでハワイに持ち帰ってます。あぁ〜、至福の喜びよねぇ〜。ハワイのKids Mealよりもお子様ランチが断然好きだなぁ。って、まだSHOには早いけどね。
  今回は絵本は頂き物だけで、ベビー雑誌を4冊ほどまとめて買い込みました。中でもシールが大好きで、貼らせろとうるさいです。スプーのところに、このシールを貼ってねというと、向きはめちゃくちゃですがちゃんと貼るんですな。もっと日本のテレビを見せるようになると、これらの雑誌も楽しく遊んでくれるかな。絵本もSHOの大好きな「うしろにいるのだあれ」の海バージョンを頂いて、大好評です。
[PR]
by mamaokapi | 2006-12-08 15:46 | 今日のSHO
<< 里帰り〜写真編 里帰り〜国内移動編 >>