mamaokapi in hawaii

26ヶ月を迎えて、、、

a0048361_15393398.jpg 長い祝日の翌日は、全員放心状態。私も家で掃除やSHOと昼寝をしたり、久しぶりに何冊もの本を読んでやって過ごしました。そして、今日で26ヶ月になったSHOさん。2歳を過ぎるとそれは沢山の発見があります。そんなSHOさんの成長を喜んでくれるかのように、今日の夕焼けは色んな雲の競演で楽しませてくれました。
 いつものことながら、食からですが、ご飯を食べる量が減った分、パンが好きになりました。おやつタイムもパンをせがみます。生野菜もRanchドレッシングをかけると食べれるように。少しバリエーションが増え、母も嬉しいです。気が散漫して、食事に集中できない日もあり、食間にパンを食べる日があるため、余計に一度の食事の量が減ってしまいますが、多分、体重は育ってると思います。
 赤色の食べ物が苦手、、、というのも、その昔、Mにのせられて口にした「キムチ」が原因。ずっと「痛い(辛い)」を連発して、避けるのです。だから、トマトやイチゴも拒否が続きます。

 睡眠も、昼間は2時間の昼寝が丁度いいらしく、夜も朝までぐっすり寝てくれる日が多くなりました。自分の部屋でぺんぺんと一緒に眠ってくれます。最近、乾燥の夜が続くハワイなので要注意です。
 言葉の数も一気に増えてきました。まだ、あやふやな発音が多いですが、わからない単語が出てくると「だぁれ?」と尋ねてきます。彼は「日本語」「英語」「SHO語」を話します。この「SHO語」がやっかい。蜘蛛は「バーシュ」、ミルクは「ナーシュ」と、どこからそういう言葉が生まれるのか不思議なくらい、新語を発します。「うまだねー」「うん、うま」「うさぎだねー」「うん、ぴょんぴょん」と、返す言葉が名前だったり、擬音語だったりと、これまたごちゃまぜ。ま、そのうち言葉を覚えるとしても、まだ道のりは長いように思えます。トーマスの友達のパーシィは、母とSHOの発音が「PAR」らしく、本来の「PER」ではないとMに指摘されました。厳しい〜、英語!すまん、息子よ。やはり、英語は父から学んでくれ。
 こう書くと、まぁー立派な成長!と喜びたいところですが、「魔の2歳児」大変です。身体と同様、声も大きくなるので、奇声をあげるとビックリ。表情も「怒」を覚えてきました。ただ泣くだけではなく、こういうのもやっぱり覚えるもんなんですね。
 そして、意味不明なことも、、、玄関やリビングの窓を指して、「トトロ、ばーーーーーっ」っていうのを、よく言うんです。トトロが空を飛んでる所を言いたいのか、マックロクロスケをみつけたメイちゃんを思い出してるのか、これは意味不明。本人、一生懸命わたしに説明してくれるんですが、彼語は理解できずに不明のまんま。そのうち、判明してくれることを祈ります。
a0048361_1553415.jpg SHOに水泳用のライフジャケットを購入しました。これで腕を動かす練習ができるし、ボードにも乗せられるかもというMの思惑、果たしてどうなんでしょうか。週末キャンプでデビュー予定。冷たい水のお外シャワーは相変わらず抵抗しますが、波に浮かれてるのは好きなSHOさん。大きなステップをみせてくれることを期待。
  一ヶ月前に双葉だった朝顔たちは、恐ろしい成長を遂げ、にょきひょきツルを巻いています。果たして花は咲いてくれるのでしょうか。
 お友達がMacの景品のぺんぺんをSHOに、Mがプルメリアをお土産に持って帰りました。お腹一杯になった食後に夕焼けを眺めながら、ふとカメラをとりました。
[PR]
by mamaokapi | 2007-07-06 15:56 | 今日のSHO
<< キャンプデビュー その1 独立記念日 その4 >>