mamaokapi in hawaii

ナチュロパシー

 今日はMの誕生日。朝からDHでサーフィンしてお友達と朝ご飯食べた後、SHOの新しいDrの初診に行ってきました。SHOの主治医は産まれた時からお世話になってる日本人のDrですが、今日訪ねたのはNaturopathicのDr.U。Mもファミリードクターとは別に、ずっとお世話になっています。でも、私はDr.Uに対面するのが初めて。Mの苦しいダイエットもこの先生の指示とあって、私にとっては敵のような相手なのですが、Mの調子がいいのもこの先生のお陰。それに、風邪の流行る季節の前に、何度も風邪薬を与えたくなかったので、早速息子のアポをとりました。
a0048361_9431651.jpg このNaturopathicというのは、西洋医学で多く用いられる投薬治療とは違う「自然療法学」と言われるようなもの。自然なものを使いながら、健康増進とか病気の予防とかをする「食育」と「東洋医学」を足したような治療法に基づいています。初診には1時間以上もの時間をかけ、ゆっくりSHOの性格や行動を分析し、父母の質問にもとても丁寧に応えてくれました。このDr.U自身、お母さんを日本人に持つハッパボーイ。言語スキルから、母の気になっていたドライスキンや教室でのハイパーぶり、歯科治療、食事法etc、まで色々相談にのってもらえました。本人もとても先生に好意的で、いつもは嫌がる耳鼻チェックや心肺音も、笑顔で対応できるから不思議。Drからも、とてもポジティブな意見を貰えました。
 そのSHOさんへの今の課題は、砂糖の摂取を控えること。小柄な体格だったので100%ジュースをかなりのタイミングで与えていたのもハイパーになる原因かも。息子はとても糖分に敏感な体質のような気がします。今思い起こせば、ケーキを食べた時には、恐ろしいほどハイだったし、、、。今後は、できるだけ麦茶や豆乳中心の生活に戻すよう、お手軽なジュースパックじゃなく、水筒も忘れず持って外へ出るようにします。消化機能もだいぶ発達してきたので糖分の高い白米から、Mと同じ玄米食に切り替えることにしました。(あぁ〜、まだまだ白米党の母にとって、唯一の友を失った心境〜) 本人は、ふりかけさえあれば玄米も気にしないので、「身体に良いものを」が基本のSHOさんのため、毎日美味しい玄米(M仕様は玄米と玄米餅米のミックス)を炊かせてもらいます。
[PR]
by mamaokapi | 2007-10-07 12:07 | 今日のSHO
<< がたがたがた、、、、 29ヶ月を迎えて、、、 >>