mamaokapi in hawaii

日本です

 こっちに着いて、もう数日が経つというのに、本調子じゃありません、わたしたち。
 飛行機の中は、正直、息子は悪い子じゃなかったんですが、母の気力と体力が持ちませんでした。日本行きには付いていたプライベートDVDなのですが、入っていたソフトがすべて気に入らず、持参したDVDのアンパンマンをみてご機嫌のSHOさん。それも長続きはせずに、何度かエコノミーエリアを脱出して、走り回ってしまいましたが、客室乗務員の皆さんに可愛がってもらえて、ご機嫌だったようです。持ち込んだ新しいおもちゃは全て使いこなしてくれました。少し気が楽と感じたのは、座席のせいかも。一番後ろの窓側2席に座ったので隣を気にせず、1時間ほど眠ってくれましたしね。それにしても、悪天候で9時間近くは、長かった、、、。

 空港をおりて、リムジンバスの中。ここでは一睡もせずに、結局ばぁばじぃじに対面する直前、多少眠気が襲ったようですが、目を無理やりあけさせて(鬼母)対面後は、興奮のまま、日本時間の22時に就寝。これで時差ぼけも無いと思いましたが、ちゃっかりハワイの起床時間には目を覚ますし、興奮しているのか、夜泣きも今でもずっと続いています。

 母は、ほっとしたのか、到着翌日に発熱、筋肉痛にダウン。けれども、目新しいことに貪欲な息子は一切母の存在を忘れ、じぃじばぁばに夢中です。朝の第一声も、「じぃじ、ばぁば」。今回は、じぃじにもラブラブで、嫌がられても何度もアタックしてる有様。お陰で、母は一人の時間を持つことができ、ゆっくり養生中です。
 マスクをしてる人が目立ちますね、やっぱり日本は秋です。私も早く立ち直らなくては。

 毎朝、教育テレビを堪能し、バッタやだんごむしと戯れ、スーパー銭湯では露天風呂王子でおばちゃんたちの人気をとり、華麗な水しぶきに拍手をもらい有頂天。スーパーのおもちゃ売り場で「あっちー」を連呼し、封印していたソフトクリームに目覚め、スーパーのイケスと魚売り場の広さに興奮し、本人は毎日が夢のよう。ママのみならず、すっかりダディのことも、忘れているようです。時差ぼけと鼻水のせいか、連れて行った近所の水族館も、空回りだったようで。イルカやアシカのショーもまったく興味をみせず、ホノルル水族館でもお気に入りのくらげとメダカに心を奪われていたようです。連れて行った意味なし、、。

 しばくらくは、家でおとなしくしてもらい体力を温存しましょうか。が、皆さんの予言どおり、本人、いきなり、いろいろな言葉を覚えてきだしたようです。恐るべし、ばぁばの威力。ばぁばが倒れなければいいですが、、、。
[PR]
by mamaokapi | 2007-10-30 10:40 | 今日のSHO
<< 30ヶ月を迎えて、、、そして、... 里帰りします >>