mamaokapi in hawaii

大きくなってるョ

 最近のSHOさん、目に見える成長が沢山増えてきたように思えます。ここでちょっと紹介。
a0048361_9483592.jpg まずは、お友達との遊び。以前は沢山のお子がジャングルジムに群がっていると、怖がって近寄ろうとしなかったのですが、最近は怖々ながらも向かっていきます。そして追いかけっこも復活しました。お友達と遊ぶのが楽しいことを少し理解した様子。お友達が家に遊びにきてくれると、自分の部屋で一緒に遊ぼうと、しつこくせがむ程。先日、近所の女の子が遊びにきてくれた時「一緒に遊ぼう」と抱きついていったのには、母びっくり。悲しくも、SHOのハートブレイクに終わりましたけどね。少しずつ社交性磨いていってくださいな。
 そして、手先も少しずつ器用になってきました。お箸を久しぶりに渡したら、いきなり上手に使い始めました。2歳になった頃、 combiの箸を渡したら、遊ぶばっかりで使い切れなかったのですが、エジソンの箸を今回使わせると、あらびっくり。M並に使える時もある位。(どちらもハワイで入手できます。)SHOには大きめのエジソン箸の方が使いやすかったのか、本人のお得意「SHO やった〜♪」の万歳ポーズで楽しんでいる様です。
 歌が最近好きで、よく口ずさんでいます。一番のお気に入りは「きらきら星」英語と日本語、両方歌ってるのが憎らしい。言葉がわからないままも、覚えて歌えるのが子供の凄い所。そして特訓中なのが「でんでん虫」「ちょうちょ」「チューリップ」と続きます。童謡好きだった母に続いてくれ、一緒に歌えるのが楽しいです。このお歌のお陰でABCの歌が歌えるまでになりました。すると、標識や本を見ながら応えるので、ちゃんと認識できている様子。この調子であいうえおもお願いしたいと念願していると、昨日の七田で、初めて「動物あいうえお」の歌を先生と一緒に口ずさんでくれました。今までは「がおー」とか動物の名前だけに反応していたんですが、後ろで座ってた母は思わず、目頭があつくなりましたね。今まで出来なかった事、反応なかった事がふとした瞬間に自然とやってるのが見える今の時期。母の心はかなり忙しいです。
 達成感の悦びを理解し始めたのか、自分でやりたがる事が増え、それが出来たとわかると母にも一緒に喜べと笑顔で訴えます。こういう時、なんだか親としての悦びを味わってるなとかみしめる親ばかな母なのでした。どんどん、大きくなってきたんだね、SHOさん。
a0048361_9491155.jpg お天気もVog(ハワイ島から飛んでくる火山灰。先の日曜日はひどかった)も回復してきて、最近は午前とお昼寝の後の午後に外へ出るよう母も頑張っています。外で遊ぶ度に膝小僧をすりむいて泣き出しますが、そろそろ「痛い痛いバイバイ」が効かなくなってきて、「じゃ、お母さんも一緒に泣いていい?」と聞くと、「泣いちゃダメ〜」と必死に涙を拭いさって、泣き止みます。よっぽど母の泣き顔がキライなのでしょうかね。「泣いてる子みたら、おばけが飛んでくるよ」作戦は、あまりにも非現実なことを情緒不安定な時に強いるのはよくないのでは?のMの助言に、母は泣く泣く使うのを諦めていたのですが、今回の作戦はナカナカ効き目ありです。
 この調子で、トイレトレも一気に成功してくれたら言う事ない母ですが、今はここまでで十分と少し育児のリズムが掴めつつある母なのでした。
 気がつけば、2月ももうすぐおしまいですね。あっという間にSHOさんが3歳になってしまいそうで、、、。
[PR]
by mamaokapi | 2008-02-28 08:53 | 今日のSHO
<< 母、休業 アゲハ蝶 >>