mamaokapi in hawaii

もう一つのお別れ

 昨日はお寺のサラナ教室の卒業日。唯一SHO自身が楽しみにしていた日本語教室で、どこ行きたい?の応えはよく「お寺いくぅ〜。」だったし、道を覚え始めたのもお寺への行く道が最初でした。
a0048361_5485629.jpg 2歳前から通い始めた日本人の親子の集いの場で、最初は片手で数えるメンバがいつの間にやら体育館でマイクを使う程の大人数に。ここの先生方には、色々お遊びの相手をしてもらって有り余る体力をいつもしっかり使ってくれましたっけ。
 「なんまいだ〜」って言葉も覚えたし、ビショップには「大きい先生」と勝手に命名したり、おもちゃの貸し借りのルールを実践で学んだりと、彼なりの世界があったんだと思います。本人は卒業の意味を把握していないのが、何とも言えませんが、、、。また、「お寺いく?」って聞かれそう。今度は、お寺の楽しい行事に参加しようね、SHOさん。
 最後となるこの日は、先生から卒業証書とキャンディレイ、そして彼の人生で初めてのお数珠を貰いました。
 母もお友達とお喋りできる、ホッとした時間を沢山もらえました。
 サラナ教室のみなさん、本当にお世話になりました。
 最後の親子教室を終えて明日からどうしようと放心状態の母に救世主が!日本からYちゃん登場!SHOの大好きな「めばえ」他、ジャパングッズを運んできてくれました。去年も似たよな付録のついてた「釣りセット」を、誇らしそうに楽しんでるSHOさんです。やっと自分なりに付録で遊べるようになったね。
[PR]
by mamaokapi | 2008-07-25 16:42 | 今日のSHO
<< ハワイ島の海 真夏の夕涼み >>