mamaokapi in hawaii

43ヶ月を迎えて、、、

 SHOさん、43ヶ月突入。師走の忙しい中、すっかり更新を忘れておりましたが、、、。
 言語はやはり、英語の方が語彙を修得するのは断然速いみたいで。母、危うし。

a0048361_455253.jpg そんな中、プリスクールのPTA面談がありました。M父と二人でお昼寝中の教室へ潜入。クラッシックのBGMが流れている中、息子は熟睡中でした。
 教室に面してる大きな木のある庭のベンチで先生2人とお話。初めての成績表を貰って、それを元にお話しました。成績表といっても、この年でできる知力、体力、器用さ、社交性さ、諸々を「がんばり中」と「できました」の二つでチェックされます。
 予想通り、バイリンガルなのでいくつかの言語の項目は到達中がありました。日本語では説明できても英語で難しいものとか、普段使わない言葉が出る英語の質問は答えられないとか。あと、母がずっと敬遠していたハサミの使い方も。笑。
 平日の大半をみてもらってる第三者の先生(もう一組の親)からみた目と、親から見える息子の成長ぶりを一緒に確認していくことが出来て、とても有意義な時間でした。
 母としては、プリスクールの不安だった点を先生と夫と一緒に確認する事ができて一安心。学校のカリキュラムも個人レベルに合わせて調整しているらしく、のびのびと集団生活を送ってるようで、最初は正直迷いもありましたが、この学校でよかったなと思いました。やはり、先生方はプロなんだなぁと関心するお話もいっぱい聞けましたョ。

 そして、日本語「七田クラス」の月に一度のオープンハウス。先月は親が一緒の部屋だとどうも気が散るらしいので入出を拒んだのですが、今月は流れで母も入出!
 この日はお迎えの時に「疲れた、疲れた。足を怪我したのを見て」と言ってたせいか元気がありません。いつも大きな歌声が教室の外まで聞こえていたのですが、何度か頭を机に伏せる仕草も。やはり、プリ終了後のレッスンは厳しいか!?
 SHOの日本語クラスは、バイリンガルキッズばかりで、年齢は息子がほぼ真ん中位。中には「あいうえお」が殆ど認識できるお友達もいる中、「かきくけこ」の壁が大き過ぎるSHOさん。なかなか前に進めない母も再び挫折の感。よぅし、一緒にがんばるぞ〜!!

 歌が大好きなSHOさん「犬のおまわりさん」に出てくる迷子の子猫ちゃんは「わからない」を連発するので「SHOみたいね〜」と本人は言うけれど、彼の「わからない」に、しばらく付き合わされそうな雰囲気です。また、発音が不思議とアメリカ人っぽいんだなぁ、これが。
 カウアイ島でみたアリの行進をみて<頭をこっつんこ>する「おつかいアリさん」の曲が車中でヘビーローテーションしている毎日です。 
[PR]
by mamaokapi | 2008-12-18 05:49 | 今日のSHO
<< honolulu city l... M2 ファクトリー >>