mamaokapi in hawaii

カテゴリ:今日のSHO( 309 )

日本にて・・・健康編


 秋の日本。上陸したときは、そんなに寒さを感じずに、「ちょっと肌寒い?」って思いつつ半袖で大丈夫じゃんと張り切る自分に、どこか遠い目。ヤバイ、これって冬にランニング着てる外国人をみて「肌温度違うよなーっ」て思ってた昔の自分に後ろ指さされそう・・・。カーディガンをはおるものの、Tシャツでいるのは、わたしとMぐらい。ハワイから行くんだから、寒さにはきっと敏感よ!って思っていたのは去年までの話でした。

 さてShoは・・・。この涼しい!っていうのが心地よいのか、終始ご機嫌。ハワイではブランケットをすぐに蹴り返してしまうので、風邪ひかないかと最初は心配してたこともあったけど、彼はどうやら、寒いのが好きらしい。よそのお家のベッドでも、結構ぐっすり眠ってたみたいだし。多分、家族の中では一番元気だったと思います。
 
 ただ気になる点が一つだけ。最近、Mのブームになってるビョルン前向き抱っこで、ちょうど口の前あたりにくるビョルンの先を「ガシガシ」なめちゃうもんですから、この部分がかなりぬれてしまうのです。それと、この涼しさで、Shoの下あごとほっぺは、真っ赤になってしまいました。
 今回の里帰り、神奈川エリアではずっとビョルンだったもんねー。実家に戻ってからは、借りてもらった対面式のストローラの先を、相変わらず「ガシガシ」やってましたが・・・。

a0048361_725687.jpg

         江ノ島にて、ビョルンより夕焼けをみつめるSho

 殆ど未使用だったベビーローションが、ここで大活躍。したわりには、治りがよくなかったですけど。このローション塗りだけは、いつもかなり抵抗しておりました。
 旅の最後には、とうとう下あごあたりがうっすら皮が剥けるほどまでに!
 こんなにヨダレが出てるのに、まだ歯が見えてこないねー。と思う親の前で、相変わらず「ブーブー」お得意の息吹きやってます。

[PR]
by mamaokapi | 2005-11-23 07:31 | 今日のSHO

日本にて・・・上空編


 NW航空 ホノルル発成田行。天気は良好、コンディションもそれほど悪くなく、飛行機は無事に飛び立ちました。離着陸時は、何か飲ませるのがよいとのウワサ。今のところ100%母乳かつ、短時間の飲みっぷりが定着したShoに授乳するには、かなりのタイミングが必要でした。
 この日の朝から授乳時間を計算しつつ、空港では相変わらずスマイルを周りにめい一杯披露。飛行機が動き出したとたん、待ちきれずに泣き始め、まだ離陸体制じゃないんだからもちょっと我慢して・・・と、気持ちが焦るのと比例して泣き声はアップ。ちょいと早めでしたが授乳を試みて、なんとか耳を痛がらずに、切り抜けました。行きの便は、結構大人しく、なんとバシネットでも嫌がりながらも寝てくれることしばし。わたしたちは食事も無事にありつけ、周りのお客さんもニコニコでShoを見つめてくれてました。着陸時も何とか、吸ってくれました。ふー、案ずるより産むが易しってね。
 これが、NWのバシネット。これは、行きの飛行機で撮ったもの。いい顔してますやん。
a0048361_7484173.jpg

 離着陸時は使えないことから、飛行機が安定してからセッティングされるバシネット。でも、空き箱を組み立ててクッション入れるところみると、捨て犬を拾ってきたみたいな光景。背伸びするとはみ出すし、ちょっとShoにはむいて無さそう。
 そして、同じくNW航空、成田発ホノルル行。定刻より10分早く飛び立ってくれたものの、バスで仮眠を取ったせいか、なかなか寝付けず機嫌が悪く、飛行機が動き出す前から大泣きになりました。嫌な予感が走ります。
 何とか離陸は切り抜けたものの、バシネットでは大人しくしてくれること一度もなく、Mがビョルンで何度も周り、ありとあらゆるおもちゃを試みるも効き目なし。後ろにいたカップルは、お酒がまわってるせいもあってか、苦しい顔もなく笑顔で見つめてくれてました。(ありがとう)
 隣の中央列にいる8ヶ月の女の子は、そりゃもぉ、大人の目をしてShoを哀れんでくれておりました。ほんと、あのお姉ちゃんにバシネット差し上げたかったねー。
 お陰で全く眠ることもできず、わたしは何度となく腰に激痛が走りと、散々な思いで帰国。予定よりも30分早く到着してくれたのが幸いだったけれども、ほんと、長い長い飛行機でした。

 ちょこっと補足。
 国内線で使ったJAL。すぐに子供用ブランケットを出してくれるし、オムツ替えの台もセッティングしてくれるし、簡単な絵本も出してくれるし、おまけにおもちゃも貰えたし。こっちは時間が短かったせいもあるけど、断然よかったねっ!

[PR]
by mamaokapi | 2005-11-22 15:50 | 今日のSHO

一難さって、また一難・・


 ハワイに戻ってきて時差ぼけとの戦いのあとは、寝かせつける際の乳作戦(わたしにとっては最終兵器)を止める戦いが待っていました。昼寝にしても、ちょうど乳でお腹一杯になって、ぐっすり眠ってくれるのをいいことに、母の乳はいつでもどこでも大活躍。日本で更に授乳服の購入を追加し、そんなこんなで、ちょっとわたしもいい気になっていたのですが、育児書バイブル「What To Expect The First Year」を何気に読み返していたM曰く、「6ヶ月頃になったら夜中の授乳は控えたほうがいいみたい」なんて言うもんだから、急に焦ってしまいました。

 実は、最近夜中に起きる回数が多いんです、SHO。でもって、オートマティックに添え乳するとすぐに眠ってくれるので、わたしはいつも添い寝でスタンバイしてました。確かに、そろそろ授乳の回数も減るって言うよなぁ。でもって、あのバイブル曰く、早めに「乳=眠り」のメカニズムを壊さなくては、先先大変になるやも・・・というので、またもや大泣き覚悟で始めてみることにしました。
 (実は生後2ヶ月くらいのとき、クリブで寝ないからって30分放置して様子見したんだけれども、親がギブアップしてしまい、一日で断念した過去あり)

 で、昨夜から作戦開始。でも、やっぱり乳なしでは寝てくれず。

 お腹の上で寝かしつけてみる→ぐずりっぱなし。
 背中を優しくトントンしてみる→ノケゾルばかりで、横向きにすらならない。
 隣で寝たふりしてみる→泣き声はアップするばかり、それも成長したから声でかい。

 ロッキングチェアで縦抱きで揺らしてみる→横になるよりは楽らしいが、既に限界。
 声も嗄れつつ、水分もないから辛そうかと、水を与えてみる→少し飲むが効果なし。

 まだまだ時差ぼけのMは挫折して、明日は会社もあるしとベッドルームへ退散。
 一人で再度試みるけれども、すごい汗と涙で顔もひどい状態・・・。こっちも泣く泣く乳を与えてしまいました。この夜、やはり数回起きたのですが、授乳で寝かしつけ、1度だけ、背中トントンで再び眠りについてくれました。

 昼寝をさせすぎるのもよくないとのこと。今日は目覚めの調子のいいときに授乳して、一緒に遊びます。昨日あまり寝てないせいか、どこかメロウな遊びではありますが・・・。何度も目を擦るも、とにかくありとあらゆる品を使って遊ぶあそぶ。
 遊びも尽き果て、とうとう、30分ベッドで放置状態を試みましたが、泣き声が更にアップし続け、擦れ声で目もパッチリ。仕方が無く抱きかかえましたが、授乳はせずに、更に遊びました。
 ここで、いったん授乳したにもかかわらず、まだ眠そうにもなかったので、遊び再開。
 でもって、とうとうロッキングチェアで縦抱きのままで、眠りにつきました。そっとベッドに移して40分。さー、今からまたまた眠らさずに、遊び続けます。

 はぁ~。しんどい・・・・。

[PR]
by mamaokapi | 2005-11-22 07:39 | 今日のSHO

ただいま!ハワイ!!


 2週間とちょっとの里帰りから、帰国しました。毎日濃い生活を送っていたせいか、今からバケーションが必要な感じですが、いつもの生活再開です。日本でのこと、いっぱい後で書きたいけれども、わたしの時差ぼけ(頭が痛いよぉ~)+ぎっくり腰(成田行きのリムジンバスの中で初体験・帰りの飛行機は地獄だった)で、PCに向うのも必死の状態。帰ってすぐに、カイロプラクティックに行ってみました。出産後に骨盤がゆがんでいるのもあるらしく、しばらくストレッチで様子をみて安静にとのこと。とはいえ、腰を使わないと抱っこや寝かしつけが大変。子育てには、知らず知らず色々な部位を酷使してるもんなんですね。とりあえず今日は、嫌だったけれども、ストローラをリビングに入れてお世話しています。
 SHOは、昨夜1時間くらい泣き続けたけれども、今はぐっすりいつものNAPをとってくれてます。日本の夢をみてるのかな、時折笑ってます。
 Mは、文句一つ言わずに、昨夜一人でアンパッキングしてくれたみたい。朝気がつくと、たちまち部屋が片付いていました。ありがとうね、パパ。

 帰りの飛行機で、大きな半円の虹が迎えてくれたハワイ。気候も人もいいんだけれども、ママはやっぱり家族や友達の沢山いる日本が恋しくなりました。折角だからもう少し居たかったけれども、帰りの飛行機をSHOと二人で過ごす自信もなく、来週はThanksgivingDayでBigIslandだし・・・と、後ろ髪ひかれまくりで帰ってきました。毎日、おじいちゃんおばあちゃんがお世話してくれてたのに、ひっそり我が家で腰痛のママと二人じゃ、拍子抜けだよね、SHO。
今日、日本の両親から電話があり、スピーカーフォンの受話器を見つめながらも笑ってるSHOをみると、ちょっと涙が出そうになりました。

[PR]
by mamaokapi | 2005-11-18 11:07 | 今日のSHO

Happy Halloween!!


Trick or Treat! 今日はHalloweenです。アメリカにきて初めてのHalloweenは、Mと一緒にJack o Lanternを作ってみました。翌年は、Disneyのトランプハートクイーンとトランプカードの仮装になって、パーティへ。去年は妊婦で、メインランドの友達と大人しく・・・。そして今年はSHOが我が家に加わり、どうしようかと考えてる間に、当日になってしまいました。(結構最近、よくありがちなストーリ。)

 「そもそもHalloweenというのはね、こうやって可愛い仮装をして楽しむもんじゃなくって・・・」と、いつものMのウンチクが今回も飛び出したわけだけども、ママは何か君とやりたかったのだよ、SHO。Mも、今年も半分諦めぎみ。

 今は、よだれがピークなこともあり、顔にペイントするのもなんだし、とりあえずこのよだれかけをゲットして、YちゃんからもらったモロゾフのCANDIESBOXを片手に、アラモアナで里帰り直前の買い物に行ってきました。ここではいつも行き交う人(特に白人のおばあちゃん)に大人気のSHOですが、今日は特別。ドラッグストアでは、店員さん全員がバケツを片手に持ったSHOを絶賛してました。んー、来年は、これ持って歩いてるのかなぁ~。と、遠い日に目を細める母なのでした。

 いよいよ明日、日本に向けて出発です。友達からのメールは、みんなして

             結構寒いで~。覚悟いるで~。

とのこと。ハワイにいると寒さの感覚を忘れてしまうので、余計寒く感じるだろうなぁと、再度洋服のチェックのしなおしです。さっき、Mからも、「TOKYOの週間天気予報チェックしたら、やっぱり寒いって~。」との電話が・・・。むむぅ~。7度って、どんなんだっけ??

 しばし、Blogお休みします。帰国予定日は11月16日、濃い2週間になりそぉです。
a0048361_9581267.jpg

 本人、いつもと何が違うかわかってないし。とにかくバケツはかじられてました。

[PR]
by mamaokapi | 2005-11-01 10:06 | 今日のSHO

お風呂大好き


 サーファーの父、露天風呂フリークだった母を持つSHO は、水の縁か、やはりお風呂好き。
 シャワーだけじゃなく蛇口のお湯そのものを顔面に受けても、泣きませんでした。
 お湯の中で仰向けになって、まるで「極楽じゃのぉ~」と微笑む姿にちょっぴりジェラシー・・・。日本帰ったら、絶対温泉いくもんねっ=3!

 我が家は、決まってMがSHOとお風呂を共にします。平日は、ほとんどスキンシップがとれないから、

       せめてお風呂だけでも入れさせて欲しい!

 と強く懇願されたからであります。
 ただ、最近は水場のお友達、あひるちゃんも引き連れて、結構楽しんでいるお風呂タイム。
 横でバスタオルを持って待機しているママも、実は一緒に遊びたいっ!!

 なわけで昨日は、こっそりサーファートークの始まったMの長電話を見計らい、こっそりSHOをお風呂場に連れて行きました。すぐさま、それを見つけたMも

        「なんで~?????」

 と、会話を中断し、日本語で対抗してくるけれども、ふっふっふ。もう、半身浸かってるもんねー。
 慣れない母の手に少し躊躇の顔ではありますが、お友達を舐め始めるまで、ごきげんさんでした。
 日本帰ったら、大きいお風呂に行こうねー。(ほぼ、母の欲望を押し付けての今日の一言)

a0048361_7401129.jpg

[PR]
by mamaokapi | 2005-10-28 07:45 | 今日のSHO

これって夜泣き?


 3ヶ月くらいまでのSHO は、夜中の授乳が1回くらいで、本当に親孝行な息子です~って自慢したいくらいのいい子ちゃんでした。が、しかし・・・。4ヶ月の誕生日を迎える前後から、何故か夜中は2,3時間おきに目を覚ますのです。それも、「ふぇ~ん」といった、少し苦しむような声で。

 最初は、よだれも多くなってきたし、歯が生えてくるから痛いのかもよ~って構えてましたが、まだ歯は生えてこず、これは何か環境が悪いのでは?と色々変化を試みました。
 ・毎朝のお風呂を寝る前にする。
 ・ブランケットを蹴飛ばしても大丈夫なように長袖のパジャマを着せる。
 ・眠る前は、あまり興奮させるような運動をさせない。
 ・しっかり乳を与える。
 ・なるべく風が吹き込まないように、室温を保つ。 などなど

 にしても、やっぱり目を覚ましてしまうSHO。で、いったん泣き始め、MがやさしいHugとロッキングチェアー作戦にでても、泣き虫度はアップするばかり、最後は真っ赤な顔になって泣きじゃくります。で、不思議なことにわたしが声をかければ、ある程度の泣き虫度であれば少しおさまります。
 昨夜は、わたしがお風呂に入ってるときに、事態は発生しました。そろそろ、SHOが泣くかもしれないから、どっちかが待機していようと、ちょうどMとバトンタッチをしてシャンプーに手をかけた時です。んー、どう考えても、わたしがREADYになるまでには5分はかかる。泣き虫度がアップしない間に、風呂場に連れてきてもらい、髪の毛を洗いながら声をかけます。 

 結局、わたしも一緒にFUTONベッドに横たわり、最終兵器の乳を与えて撃沈。たいてい、この乳で彼はまた夢の中に戻っていくんですけどもね。米人先輩ママ曰く、「成長期で夜中もお腹がすいてるんじゃないの?」だそうな。普通、日本じゃどんどん夜中の授乳回数が減るっていいますもんね。うちは、反対みたい。それとも、これが夜泣きってやつ?でも、うちの場合は、乳を与えると、すぐに眠るんですよね~。

 さてさて、昨日はグランパにいっぱい遊んでもらって、わたしは半年ぶりにMと一緒にマジックアイランドで泳ぎました。ここんところのお天気で寒いかなぁって思ったけれども、意外や意外。気持ちよかったです。あと少しで、一緒に海に入れるね、SHO。

[PR]
by mamaokapi | 2005-10-27 04:13 | 今日のSHO

里帰り~準備編その1~



 来週の今日から、家族揃って2週間ばかりのバケーションです。行き先は、JAPAN!嬉しい両親♪ ハワイタイムに慣れているせいか、いや乳児を連れての旅行だからと言い訳つけて、なかなか日本でのプランがたてられません。日本にいるときは、「ここを行くには平日のこの日がいいからなんとか~」と、みっちりプランをたてるのが好きだったわたしも、「そっち行って適当に決めようか」に変貌しておりました。どうりで視力もアップするわけか。(関係ないし)

 SHO にとっては初旅行になります。で、いきなり飛行機という大人数が密室の空間を共にする乗り物で空を飛ぶこと9時間に挑戦させられ、時差っていうのも経験し、常夏しか知らない彼は初めての「初冬」のCOOLさを体感して、FUTONベッドとさよなら~よその家でお泊りを2週間以上試みるわけで。さすがに、彼のことについては、ちょっと準備が必要。そこでMとわたしはここ週末、お土産探しもともなって買い物ばかりに時間を費やしております。

 カーシートは日本で借りてもらったから、車の移動は安全。これ、米人のMの一番のポイント。 
 その他の移動はというと、ベビービョルンでMが担当と当初言ってたものの、少し体重も増えてきて、わたしたちが食事のときはバウンサーの上でさえも激しいダンスを繰り返し、食事にもならず手こずり始めてきた今日この頃、二人して「やっぱり、ストローラー要るかなぁ」とのつぶやき。

 うちの両親に相談したら、おばあちゃん曰く「ずっと私が抱いていてあげるわよ~」と、抱きたいモードが早くも全開で話にもならず、とにかくトラベル用のストローラを見に行ってきました。本では7ヶ月くらい(腰が据わって安定する頃)から使えますって書いてあったような気がするけれども、無理やり乗せてみました。・・・ん~。ベルトを最もきついレベルで締め付けると、何とか固定されてるし、冬服着せたらもっと余裕かも?っていう問題じゃなく。まだお座りが完璧じゃないので、やっぱり危ないかなぁ。あと一週間、待ってみよう・・・と、この一週間で腰が据わるという可能性はほぼ無いんだけれども、その場での購入は断念しました。これが、今一番の課題。軽量だとはいえ、なるべく荷物は増やしたくないんだよなぁ。

 冬服は、お友達からのお下がりをゲット。離乳食は、何も見つからなかったときのために「ブラウンライスシリアル」を持参と、もしものための粉ミルクパックと哺乳瓶一つ。ダイパーは日本で買ってみたいので少なめと、FUZZYBUNZを数枚。熱さましと体温計と移動用のブランケット。こんなもんかね?

 日本は何でもあるから、いざとなればあっちで買えるかぁ~と頭が他のお土産探しで一杯になったわたしの言い訳。何も知らないSHO は、ノースリーブのタンクで、今もバウンサーに揺られながら、自主トレの腹筋やってます。

 でもって、今日からMのパパがハワイにやってくる~!SHO よ。いっぱい、抱っこしてもらおうねー。でもって、ママは少しパッキングを進めることができるカナ?

[PR]
by mamaokapi | 2005-10-26 04:43 | 今日のSHO

未だ出番待ちのクリブ



 SHO は、いつもFUTONベッドで眠ります。このFUTONベッドとは、日本の敷布団の2倍くらいの厚みがあるマットレスで、布団?と言われてもピンときませんが、これまた敷布団のように折り返しができるもので、折り返してソファーにも利用できるハワイでも結構ポピュラーな一品。(日本人以外は、ふーとーんと、発音しております)
 我が家もゲスト用のベッドとして利用していたのですが、ゲストルームが子供部屋になるので、いずれ誰かに引き取ってもらおうと思っていたこのFUTONベッド。SHO は予定日よりも早く産まれたため、ハワイ島のおばあちゃんに買ってもらったクリブ(赤ちゃん用のベッド)は、部品のリモデルも重なって我が家に到着したのが生後2ヶ月近くの頃でした。それまでは、わたしたちの寝室でバシネットで寝ていたのですが、クリブが到着したので、ここで眠ってね~と寝かしつけたところ、これがかなりの勢いで泣き叫び、拒否するんです・・・。何度試みても、この繰り返し。とうとうバシネットに身体が収まらなくなり、日本のおばあちゃんが帰国した後もまだ残っていたFUTONベッドに寝かせてみたところ、それがスヤスヤ寝ちゃう始末。
 買ってもらったクリブは、寝返り防止用の柵もついてて、これまた成長にいいと言われる高級マットレスをつけてもらったのに、出番なし。マットレスが固すぎるのか、それとも柵に囲まれるのが嫌なのか、原因不明のまま。取り付けたベッドメリーは、オシメ換えの時だけ活躍しております。  
 そして、リビングのソファでも、スヤスヤ状態の今日。嫌われてしまったクリブは、いつか役目を果たすぞと、ダイパーステーションと化したままSHOの部屋でひっそりたたずんでいます。
a0048361_9373957.jpg
今日は気分を変えて、リビングで。ゆらゆら揺れる優しい友達、椰子の木の麓でお昼寝中。

[PR]
by mamaokapi | 2005-10-25 09:50 | 今日のSHO