「ほっ」と。キャンペーン

mamaokapi in hawaii

カテゴリ:SHOのデビューいろいろ( 65 )

サーフィンコンテスト デビュー

Mothers Dayは、我が家の男衆が一日母の願い事を聞いてくれるスペシャルな日です。
今年はカハラモールをみんなで歩いていると、サーフショップで目にしたものが、Keiki Surf Contest。
翌週末に開催ってことで、すっかり見過ごしておりました、、、。

ま、去年まで「コンテスト出てみる?」って聞いてみても、
「コンピート(競争)するのはイヤ!」の返事ばかりで、今年も諦めていたんですが。
どうやら、「やってみたい!」と言い出したらしい、、、。
〆切はとっくに過ぎているけど、当日券で早朝並んでエントリーに空きがあれば出れるらしい。
それにしても、ブギーボードばっかりでサーフボードに一月以上乗っていない息子に試合?!

、、、、当日、6時起きでワイキキクイーンズビーチに立っていた我が家。
無事エントリーをすませたら、息子の試合は翌日とのこと。
この日はとんでもない大きさの波がサウスショアに押し寄せてきて、みんな苦労してました。
大丈夫なのか、息子よ。

翌日、波は多少落ちたものの、ジャンクな波で。
あれよあれよと言う間に息子の番。一人っきりでポイントに出た事がないのに、大丈夫なのか?
いつもはタイミングを父に教えてもらっているのに、ビーチで待つ父の声はポイントまで届きません。
初戦はラッキーなことに波にいくつか乗れて、あれよ?という間に二回戦へ。
まさかの二回戦進出に、母はカメラのバッテリーが無くなっているのに気付き、慌てて充電のために帰宅。
なんとかワイキキの渋滞をすり抜けて、ギリギリ二回戦に間に合いました。
さすがに、二回戦は波が読めずに時間内に乗り切れず、敗退。
ビギナーズラックはあったといえ、本人は自信が出来た様子。
この夏は少し頑張ってくれそうです。

a0048361_5132293.jpg

[PR]

抜けたョ!こどもの歯!

終業式の日は、クリスマスコンサート。家族みんなでSHOさんが毎日練習していたクリスマスソングを聴きました。英語の歌が上手に歌えるようになったね。

その足ですぐ空港へ。グランマとグランパ、そしてCAのいとことアンティが待つハワイ島へ一人で旅立ちました。冬休みの半分をハワイ島で過ごしたSHOさん。その間、父母はオアフで家の改築に汗しておりました。

クリスマスイブの朝、父母がハワイ島のコナ空港へ降り立ったところで待ち受けていたのは、乳歯が抜けたSHOさん。なんと、イブの朝ご飯を食べている時に抜けたそうな。ヨーグルトを食べてる時に抜けたんですって。
ということは、今夜はサンタとトゥースフェアリーが一緒にくるってことですね。
みんなで、コナの海に身を沈めて、泳ぎ納め?!
a0048361_8573243.jpg


歯科検診の度に、そろそろと言われ続けたこの一年半。ようやく下の前歯が一本抜けました。
すっかりキッズきどりのSHOさんです。
[PR]

フェイスペインティング デビュー

明日は学校がお休みってことで、息子の放課後はかなり浮き足立っていたらしく、
好きなマスクを作ったあと、それを元にリーダたちがこれを施してくれたらしい。

a0048361_6483820.jpg


多分、人生初のフェイスペインティング!?

彼曰く、レインボーマンというお題だそうです。
お母ちゃん、びっくりしたよ。
[PR]

ゴルフコースデビュー

 夏休み。ずっとジムクラスに通ってるSHOさんのご褒美に、ハワイ島へ行ってきました。グランパのお誕生日も兼ねてあります 笑。
 誕生日プレゼントにゴルフクラブのセットを貰っていたのですが、なんとここハワイ島にも同じ色違いのセットがおいてありました。これは、ゴルフに行くってことね。
 そこで、みんなでコナの空港近くのショートコースへ出かけたよ。
a0048361_9212410.jpg

 Wiiゴルフのようにはいきませんが、なんとか前に進んでます。
a0048361_9222147.jpg

 なんか、あっという間の6ホールでした。
a0048361_9232255.jpg

 オアフでも行きたいを連呼していましたが、どうなんでしょう、、、。多分、ハワイカイかな。

 これは息子が生まれた年に植樹した木です。こんなに大きくなりました。
a0048361_9263066.jpg


 ここでも虫探しに忙しいSHOさんです。
 
a0048361_9284943.jpg


夜の海のマンタレイもみて、大満足の息子殿でした。
a0048361_934894.jpg

 
 来週から、小学一年生が始まります〜!
[PR]

スキー デビュー at Yosemite

 つららを触るのも初めてのSHOさん。
a0048361_1342873.jpg


 3歳の時に富士山のふもとでソリをしたことはあるんですが、スキー場は初体験。
 そう、今回はSHOさんも会話が出来るようになったので、スキーレッスンを受けることになりました。
 5歳だと、スティックなしの板と靴のみ。ラッキーなことに、プライベートレッスンでした。
a0048361_1363998.jpg


 ほんとはスノボがやりたかったらしい。で、父のいない間に、こっそり父のボードをチェック。
a0048361_1374258.jpg

 根気のある先生にしっかりここで、教えてもらいました。
a0048361_1383279.jpg

 緑のシートでのぼりながら、ゆるい斜面を滑ることからスタート。
 スキー場は平日なので、ほぼ貸し切りかと思われるほどのプライベートゲレンデでした。
a0048361_139158.jpg

 滑る時はフレンチフライ、止まる時はペペロニピッザ。5歳でもわかるレッスンです。
 
a0048361_13102475.jpg

 あれれ〜という間に、初心者用のゲレンデへ。手で捕まるリフトであがってから、先生のスティックを使って滑ってきます。
a0048361_13113267.jpg

 ここでレッスン終了。次は鬼コーチの父と一緒に滑ります。
 でも、父はスノボだから捕まえるのが難しい。
a0048361_13124564.jpg

a0048361_13133832.jpg

 何度か滑ったかなと思ったら、いきなりリフトに乗せられていました。
 
a0048361_13135510.jpg

 小柄なハワイ生まれのSHOさんは、みんなの注目の的!
a0048361_13143845.jpg

 ワイプアウトしながら、なんとか滑っておりてきました。
a0048361_13153812.jpg

 まだやりたい!と言われましたが、折角の晴れた一日、有意義に使いたいのでここでスキーは終了です。色んな木の図鑑シートを片手に、ハイキングへ向かいました。
 来年は、スノボが出来るといいね、SHOさん。
[PR]

補助輪なし自転車 デビュー

 アラモアナのプロムナードや公園で時々練習していた自転車の補助輪はずし。少し大きめの自転車なので、確かに難しいかなぁと思いつつ、転んでくじけてすぐにギブしていたSHOさん。
 そして補助輪はずすと収納が簡単なので、そのまんま倉庫に入れられていた自転車でした。
 倉庫の整理をした今日、久しぶりに「乗りたい」という意欲がわいてきたらしく、強風でビーチに行きたくないと決めたせいか、練習再開となりました。
 お友達がオールドスタジアムパークの小さい凸凹芝生で補助輪がはずれたという話しを思い出し、夕方風邪が悪化し始めた父とビデオ持参の母と3人で公園へ。
 舗装されたジョギングパスの丘から挑戦したのですが、最初からまったくこぐ気持ちがみれず、すぐに倒れて、3分ほどでギブ寸前。
 芝生の丘へ移動したら、なんと一気に10メートルほど、進んでいるじゃないですか。
 「出来ない〜」と泣いてた息子ですが、乗れると嬉しいらしく、平地でもスススーと走り出し、なんか親は拍子抜け。でも、舗装道路の上となると、倒れると痛いと思うらしく、すぐ力が抜けて転んでしまいます。すると、また泣き虫が始まって、、、、。
 調子よく芝生の上で楽しんでもらってから帰路へ。
 今日は涙をみせたものの、「止めないで、もっとやってみる〜」と口では頑張っていたSHOさん。
 もうちょっと「負けないぞ」ってパワーをみせてもらいたいもんですな。そういう力がきっとこれからの君を成長させてくれると思うんですが、、、。
a0048361_17193622.jpg

 これからの君にふりかかる挫折と、その時に出せる頑張りのパワーを、母はしっかり見届けたいぞと思うのでした。やっぱり5歳。されど5歳なのです。
 写真はSHOさんの好きなコレアという渡り鳥です。夏はアラスカに、冬はハワイにいます。卒業式前に飛び立ったはず(今年は何故か居残るコレアもいたのよね)のコレアが、今時分沢山ハワイでみかけられます。マジックアイランドでコレアの低空飛行に遭遇し、興奮していたSHOさん。彼らのパワーを少しでも、もらっておくれよ〜。
[PR]

キンダーガーデン デビュー

 キンダーガーデン。SHOはGE(Geographic Exception)の通った学校へ通う事に。ここに決めるまで(お子ブログで詳細は語りましょ)母は、ギリギリまでか〜な〜り〜悩みました。が、最後はなんか目の前の波に飛び乗ったって感じです。SHOさんのクラスには以前のTLCクラスメートのお友達がいたので、初日は一緒にランチも食べたようです。これを聞いて、母も一安心。担任の先生が気になっていたようですが、初日にいい印象を持ってくれたようで。そう、どこの学校というのも一つの選択だけども、どんな先生というのが一番大切なのですよね。が、学校によって、キンダー専任の先生がいるところと、エレメンタリーの先生が受け持つところもあるので、はっきりいって運のみ。噂もマチマチなので、息子本人の気持ちを聞くまで、ドキドキものでした。
a0048361_1324233.jpg 母と一緒に登校した初日、無言で母の言われるままに座席に座っていたSHOさんですが、ピックアップの際に教室からお気に入りのバックパックを背負って出てきた息子の姿には笑顔が。ほっと緊張の糸が切れたようで、目の前の遊具に飛びつき、なかなか帰ろうとしませんでした。
 お道具箱の中を確認したら、絵日記のようなものを書いた様子。好きな絵を描いてと言われて、サーフボードに乗っている自分を描いたようです。
 この日の夜は、お赤飯でお祝いしました。「Congratulation MEALね〜」と、嬉しそう。英語で父から聞かれ、日本語で母から聞かれ、少しずつ初日の様子が明かされます。そんな時、窓からきれいな打ち上げ花火が!恐らく、どこかの日本企業でしょうか、とても繊細な花火がヒルトン辺りから打ち上げられました。「SHOのキンダーガーデンのお祝いの花火ね〜。」と本人も嬉しそう。
 グループ毎にスクリーニングテストを受けて、来週から本格授業が始まります。頑張れ、SHOさん!
[PR]

日本の幼稚園デビュー

 日本です。梅雨のジメジメ日本での里帰りです。この時期の帰国は初めてかも。
 SHOさんは、このジメジメな感じと時差ぼけに、気がつくとシャワーを浴びたがります。笑

a0048361_7594588.jpg  帰国翌日、事前にメールで連絡をとっていた地元の幼稚園へご挨拶。近所の公立幼稚園は短期入園が難しいといわれて、幼稚園バスで通う私立幼稚園へ。バス好きなSHOさんなので、私が送るよりバス通園を選びました。

 日本の幼稚園、うわさ以上に手厚い歓迎っぷりです。制服や備品は出来る限り貸与してもらい、鍵盤ハーモニカのマウスピースとスケッチブックのみ購入。母の使っていたハーモニカとじぃじに買って貰ったクレヨンをお道具箱に入れて、翌日から通園です。

 最初の登園日はいきなり遠足!水族館でした。かなり緊張していたようですが、ゴセイジャーの水筒をきっかけにクラスメートの男の子たちと仲良くしてもらって、お弁当もお友達同士で食べていたそうな。レジャーシートを合体させて、みんなでおにぎり食べたのよ~って話てくれました。
 それも幼稚園バスを降りた時はまだ緊張の紐がとけていないようで、かなり無口だったのですが、家についた途端、ほっとしたのか、機関銃のように喋りはじめました。

a0048361_871836.jpg この日は担任の先生から丁寧なお電話もいただきました。貰ってきたクラス便りには、ちゃんとSHOさんの紹介文まで載ってて、事務局から年中クラスの全ての先生方にも紹介してもらったらしく、園全体でのウェルカムモードに母は涙です。

 半ズボンの嫌いなSHOさんが制服の半ズボンを着てくれるか心配ですが、、、。これが、ちゃんと「社会の窓」がついてる初めてのサスペンダー付ズボンなのです。とほほほ。
 2日目の月曜日は、プールもあるようで、SHOさんはこれまた楽しみだそうな。
 今週半ば以降は、午前保育になるそうで、給食を食べれるのは数日だけですが、メニューはどれもSHOさんの好きなものばかりなので、一安心。
 
 母がお友達との再会を果たしていた昨日は、ばぁばと一緒に仮面ライダーの映画をみて興奮していたそうな。日本独特の思い出を短時間にたっぷり吸収してもらいたいです。

 写真はうなぎ丼のランチをご賞味中~。スーパーへ行ってもハワイで買う魚ばかり食べたいって、ばぁばを困らせていました。旬のおいしい魚をたっぷり食べようね~。
 さて、停滞している体重の記録を塗り替えることができるのか、乞うご期待!

 
[PR]

父の日、そして一人旅デビュー

a0048361_10265285.jpg 父の日の朝は、去年から同じスケッチブックに描いているお絵描きカードを渡して、スタート。一年の成長がみられます。
 そして父の波乗りをみんなで眺めた後は、これまた父の好きなカカアコのコーヒーショップで朝ご飯。その後、インターナショナルサーフィンデーのビーチクリーンでダイアモンドヘッドビーチへ。
 たっぷり外遊びした後は、グランマと一緒にハワイ島へ息子が旅に出ていきました。
 卒業のお祝いにハワイ島のグランマの家に招待されたんです。
 ちょうど、グランマのお家では鶏卵用のヒヨコを飼育小屋に移す時期で、ヒヨコたちのお世話を始め、フルーツの摘み取り作業等をお手伝いするらしいです。いつもとは違う生活に、憧れの目のSHOさん。「一人でやれるもん」の集大成が、この一人でグランマの家へ行くに繋がりました。
 グランマ宅からはスカイプで様子もわかるし、電話の声も意外と楽しそう。
 たっぷり甘えて、本物ゴルフやWii ゴルフを楽しんできたようです。
 帰りはCAのアテンド付きで一人でオアフ島へ。
 丁度、10歳くらいの女の子と一緒だったらしく、CAさんは子供まかせにしてたよう。僕よりずっと大きいお姉ちゃんだったと言いながら、一人旅を完結してきました。
 お迎えはホノルル空港で、父のIDを航空会社に提示すれば、カウンターまで案内してくれるそうな。このお子のみサービスは、ハワイアン航空では5歳から、プラス$35で手続きしてくれます。
a0048361_10272143.jpg お戻りでも熱烈大歓迎されたSHOさん。週末は、ワイキキビーチで200人ものボランティアがビーチに向って手を繋ぎ、原油漏れの事故から学んで、今こそクリーンエネルギーの重要性を訴えるプロテストに家族で参加。Unclesたちに、チョコレートシロップを身体中につけて写真撮影をしようと懇願されましたが、彼の美的センスがどうしても許さなかった様子。舐めるのはいいけど、身体につけられるのは嫌だそうで、サーフボードとの写真撮影にはなんとか参加。メディアを始め多くのカメラマンを前にモデルのように振舞っておりました。
 この時の写真は翌日の地元の新聞にもとりあげられてましたョ。
 日曜日はお友達家族と一緒にパールリッジSCの恐竜展とシュレックの映画をみて、髪の毛も蒸し暑い日本用に短くして、いよいよ火曜日にハワイを発ちます。
 日本の幼稚園生活が待ってるよ〜。
 そして、日本でお会いできるお友達のみなさん、親子でどうぞよろしくお願いいたします。
[PR]

Class of 2010 -Graduation ceremony-

 6月19日、土曜日。青空に爽やかな風が吹くプリスクールの芝生の上で、SHOさん、初めての卒業式を迎えました。4クラス100人以上のお友達がこの日、卒業を迎えたわけで、それは取り囲むギャラリーも沢山。
 先生の引率のもと、入場マーチ。子供達はテントの下にある自分の席に大人しく座ります。SHOさんは前から2列目だったので、母も終始前の咳から眺める事ができました。
a0048361_812324.jpg この日のために選んだ衣裳は、なんとブルーのネクタイとカラーシャツ。そしてダディと同じカーキーパンツとドレスシューズ。コーディネートは全て本人です。母としてはアロハシャツ着て欲しかったんですが、どうもこのネクタイに惚れてしまったらしい。まぁ、長袖長ズボン好きのSHOさんですから、本人が嬉しいならそれで。
 学校からはリボンレイと、PTAからは卒業帽子を頂いて、みんな立派な卒業生です。
 卒業生の振り付けで歌うRaffiのこの歌が、のっけから父母の涙腺を破壊してくれました。
Will I Ever Grow Up-Raffi
Will I ever grow up Mama? Will I ever grow up Papa? Will I grow up to be like you?
So big and strong.
Will I ever grow up Mama? Do you think that I can ... Papa? Will I grow up to be like you?
Say that I will.
Can I be a grown up too? Doing things grown-ups do. Going off to work one day, all by myself.
Will I have a grown up voice.. Wearing grown up clothes.. And babies of my own..in my family home.
a0048361_8353930.jpg そして、Diplomas 卒業証書とクラスレイの授与。これには父兄は写真撮るのに必死。我が家も父を走らせました。担任の先生から名前を呼ばれると、ギャラリーも派手な歓声が!アメリカらしいです。
 最後のClosing Songは一転して Shawn BrownのSuper Fun Show ! 子供達がテントから駆け出し、可愛く腰をフリフリ踊ってました。「Shake hipしてね〜」と毎朝練習してたのは、この歌だったのか!そしてこの姿がまた愛おしいのです。あぁ、本当に大きくなっちゃって。そして帽子のリボンを左右に移動して、卒業式の終了〜。マジマジと子供の成長をみせつけられた気がしました。
 各自の椅子をもって、会場から退場マーチ。クラスに戻って記念撮影とお友達からのレイの交換が。みんなの小さい首には沢山のレイがかけられて、みんな誇らしそう。
 もう暑さで最後はよくわかってないようでしたが、とりあえずいつもの彼のクラスのガーデンを父母とこの日のためにハワイ島からきてくれたグランマと一緒に観察して、プリスクールをあとにしました。
 レイがたっぷりの写真もあるんですが、お友達と一緒に写ってたり、卒業式中の写真はWebに掲載できないとのことなので、式前に整列で、既に疲れきった写真たちを載せてみました。笑
 でも事前にプロが撮影したポートレートは白いガウンにマイリレイ。こっちは更にクラクラです。
 この日は本人の希望で、ビーチと元気寿司へ。なんでも望みが叶えるよな一日だったようですョ。
a0048361_844939.jpg 卒業式でみんなに渡すレイですが、我が家は母の独断で「手作りポップコーンレイ」にすることに。キャンディーレイは、SHO本人が食べないし、彼の一番好きなものでお友達も好きなポップコーンをと、前日の夕食後に作業が始まりました。父がコーンを特大のパスタ鍋で5回分作って、レイメイキングの筒に入れて、ところどころをリボンで結んだり、そのまま筒にしたり。最後に本人の名前を書いたカードをつけて完成。
a0048361_933418.jpg 食べきれちゃうレイは記念に残らないので、母もこの日のためにリボンレイ作りに挑戦。卒業証書と一緒に大切に保存しておきたいと思います。
 式の前に、グランマを空港へ迎えに行った時、そっと息子にかけてた言葉が今でも忘れられません。
 たった5年間で、あなたは本当に沢山のことを学んで出来るようになったわね。
 言葉を喋れるようになって、グランマの知らない日本語も。そして元気に走り回って、お友達と仲良く遊べるようになったわね。グランマが初めてあなたに会ったのは、たった5年前の産まれたばかりの赤ちゃんだった時なのよ。本当に、卒業おめでとう。これからも、もっともっとあなたは色んな事を沢山学んで、経験するんでしょうね。

 SHOさん、卒業おめでとう。
[PR]