「ほっ」と。キャンペーン

mamaokapi in hawaii

<   2006年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

激しい男です、、、

 もうすぐ1歳半になるSHOさんですが、久しぶりに写真をアップしてみようと思います。
 まずは、最近の水族館での様子、、、。

a0048361_1014273.jpg

もちろん、メイメイ!
a0048361_10144036.jpg

ここでも、どこでも、メイメイっ!

a0048361_10153753.jpg

水族館のあとで、自分も水遊び。このまま埋まっててください。
a0048361_10162563.jpg

ござの上にはじっとしてません。
a0048361_1017287.jpg

あ、ココナッツみつけたよ。

a0048361_1017529.jpg

そして、魔のご飯タイム。自分でやらなきゃ気が済まないらしく、、、
a0048361_10183660.jpg

手で確認しないと、嫌らしいです。一応、これってスパゲッティね 涙。
白旗降参の瞬間です。。。
あ、この額右の傷は、コンクリートの階段から、真っ逆さまに落ちた時の傷です。まだ自分で感覚わかんないくせに、人の手を借りたがらないんですもん。(と、ママの言い訳、、。パパにこってりしぼられました)
[PR]
by mamaokapi | 2006-10-31 10:23 | 今日のSHO

滑り台

 昨日は、お友達の誕生会も兼ねてHonolulu Zoo へ行ってきました。
 ここのKeiki Zooの手前にはPlay Gimがありますが、まだSHOはここでは独りで遊べない少し高度な遊具です。いつも、誰かの手助け+監視が必要!
 で、いつもは下からちょこっとはい上ることしかできない滑り台。この日は後ろにある階段を独りでよじのぼり、とうとう滑り台の入り口へ進んできました。でも、やっぱり高くて尻込みしてます。(私の肩より高いし。)で、どうするのかなぁって見てたら、なんと後ろ向きに自分で滑り落ちてしまいました。ここの滑り台はスピンで一周のきつめのカーブがあり、おまけに落差がかなり垂直!見てるわたしもびっくりしましたが、本人はかなり嬉しい様子。最初の独り滑り台は、後ろ向き。こうして、彼の頭に滑り台がインプットされたようです。
 ちょっと怖そうな所じゃいつも、後ろ向き。アスレチックの吊り橋も、後ろ向きで渡るもんだから、途中で横からずっこけそうで、母はいつもハラハラ、あっちへこっちへ走り回ってました。
 この日は豚と牛に触れたがったKeiki Zooよりも、身体を動かす、こっちが楽しかったんだねー。
 平日の午前はすいてるかなぁと思ったけども、正午を過ぎると意外と人も混み始めました。
 お昼ご飯も、追っかけ回して食べさせたけども、いつもより沢山食べてくれたし、誕生日のケーキをみんなで食べて興奮続きのSHOさん(スライスのイチゴは苦手だったみたいね、まだ)。この日も昼寝は帰りの車の中でした。

 ここんところは鼻水小僧で、おまけにこんな時に限って「キス魔」ときたものです。ウィルスをしっかり母に鼻水うつしで分けてくれるみたいで、昼寝はいつも親子でぱったり倒れて、ぐーぐーやってます。そのくせ、妙にハイパーなのは風邪薬のせい?母は、口内炎とも戦いながら、仕事が多忙のMの帰りが待ち遠しくてなりません 涙。
[PR]

雄叫び〜!

 ここんところ、起きてる時はとても活発なSHOさん。そのエネルギーをなんとか発散せねばと、母は悩みます。

 物を投げて音を楽しむのが好きらしく、よくブロックを投げつけて笑ってたんですが、とうとうそのブロックを本棚の本の奥に全て放り込んでしまい、どうやら忘れているようです。以前は本棚の棚に並べて、「独りずいずいずっころばし」してたんですが。お陰で床にブロックが散乱することもなく、妙に片付いている我が家のリビングなのでした。マグネットは、キッチンの乾物かごの中に全て入ってます 笑。バスに乗ってた人形たちは、ダイパー箱に、このままにしておこう。

 少しずつ、細々したものが消えて行き、どうやら、芸術に目覚めたようです。
 ドラムをたたいたり(後で自分で拍手をしている)、お絵描きツールのボードたちに、色々と自分で作品を作ってるようです。出来上がると「 I did it!」もしくは「ふにぃ〜」のような言葉を言って、満足げに私に見せます。この時の顔が、なぜか「アイーン」の顔に似てるんだなぁ 不思議。

 物を投げつける音がなくなったとホッとしてるのも束の間、時々吠える雄叫びや、金切り声は母の頭痛の種。これがあるから、カフェインやめられないんだよね。でも、このカフェイン。あまり飲み過ぎるとお乳の表面が凸凹になるんですって(担当産婦人科医談)。だから、乳がんかどうか、判断が難しくなるって、、、。だから、2杯程度に留めています(飲み過ぎか?)

 やっぱり家の中だと音が響くので、時々外へ出すのが必須となりそう。が、こんな時に足首の捻挫。 痛み止め飲みながら様子みてますが、どうもこの薬はすごい力のよう。アメリカの薬ってやっぱり体格大きい人に合わせて作られてるのかな、効き目がきれると、ずしずしと響きますが、効き始めると全く痛みなし。このギャップに悩みながらも、あまりのみたくない薬ですが、やめられません、、、。一体、いつまで飲み続ければいいんだろう。でも、まだ足首は像のよう。
[PR]
by mamaokapi | 2006-10-20 06:00 | 今日のSHO

捻挫に水なし

 地震のあった翌日、携帯電話をとろうと振り返った瞬間、身体のバランスを失い、こける手前で足首をひねったみたい。その時点では、かなり痛くて目の前にいるSHOに涙目で訴え、なんとか歩いて冷凍庫のアイスノンで冷やし始めた。歩ける、、、ということは、骨折じゃないのよね。
 Mが帰宅して病院へ行こうと言われたけれども、骨折でもないのにERへ行ったら何時間待たされるやら、、、明日、様子みて歩けなければDrのオフィスへ行くからと、冷えピタはったりして夜を過ごしました。
 翌朝、くるぶしが異様に腫れてるのを発見!でも痛みはだいぶまし。今日のアラモアナパークでピクニックは、きっとSHOも喜ぶから、なんとか連れて行きたいし、、、(最近平日は、全然外へ連れていってないからなぁ)と、リハビリがてらに歩いて行ってみる。
 タウンに正午ミーティングがあったMから電話。どうせ病院行くなら早い方が良いし、安心したいから病院へ行こうと言う。パークまで迎えにきてもらい、ファミリードクターのところへ。
 X-ray撮るのに時間がかかって、なんだかんだと2時間近く。最後にドクターの話は、5分で終了したものの、やはり骨には異常がなくて、捻挫のよう。痛み止めの薬を紹介してもらって、病院を去る。なんか、晩ご飯を作るのもパワーがなく、モールで薬を買ったついでに、晩ご飯。とりあえず、冷やし続けて様子をみました。
 痛み止めが効いたお陰か、翌朝はだいぶ調子がいい!が、起きたら水がでてこない!
 え?電気ついてるのに?
 早朝サーフィンに行ったMが帰ってきて、どうやら近所で水道管が壊れて大きな工事してるらしいと言ってました。地震とは関係ないと思うんだけど、ここら一体は水道が使えないよう。
 公園はシャワーもトイレも使えたよと言うんで、会社に行くついでに公園でおろしてもらい、初めてSHOと二人でビーチへ。お散歩だけならよく来るけれども、二人で水に浸かるのは初めて。この足で、、、、って思ったけども、薬のお陰で何も感じないし、水に浸かって冷やせばリハビリにもなるかなって。
 SHOが叫んでも、ウリウリの木を刈り取る作業の音でかき消されるし、大好きなクレーンも沢山見えるビーチは、彼も嬉しそうだ。何度も石を水に投げ込んでは、嬉しそうに笑ってるし。
家でいるよりずっといい。水もほとんど人がいないから、きれいだし。
 小さい魚のSchool(群れ)が、近寄ってきて、あっという間に周りを取り囲まれた。
 「なに  なに?」って、子供みたいにはしゃいだけど、SHOはあまり興味無し。っていうか、見えてないのかな。でも、約半径1M近く、わたしの周りには小魚だらけ。中には20cmくらいの魚だっているし。ハナウマベイじゃないのに、こりゃすごい! スイミーのCMみたいだよ!
 わたしが移動すると、群れも一緒に移動するし、、、。いつの間にこんな子だくさんになったのかしら?と、予想外に一時間近く、ビーチで過ごし、私は水着のまんま、のんびりのんびり、水道管工事を横目に家に帰ってきた。
 朝のエクササイズをしたSHOは、気持ち良さそうに昼寝中です。せっかく、海の近くに住んでるから、これからは連れてきてやろうかなと誓う母でした。でも、もうすぐ冬だから、水に浸かる自信なくなりそう、、、っていうか、冬に限らずそうだったんだけども。
 いつもは海はM任せだったけれども、もっとお外でスキンシップとってやらなくちゃなと反省させられた瞬間でもありました。
 水道管工事は、まだ続いてる模様。水なしだけども、なんかお昼ご飯つくんなきゃ!
[PR]

地震だ!

 電気も復旧して、いつもの朝を迎えました。何事もなかったかのような眺めがみえる、我が家。 長い一日をここで振り返ります。
 いつもと同じく朝の6時半には目を覚まし、「パン!」を訴える息子にとりあえず、半分の食パンを与えて母はベッドに戻ってうたた寝、父も息子も加わってみんなでベッドに横たわっているとかすかな揺れが、、、。わたしはすぐに「地震だよ」って言ったら、信じられないよなM。「SHOをとりあえずカバーしてよ」とMに言った時には、表情怖めて状況を必死でわかろうとしていました。
 高層暮らしに慣れないMには、かなり揺れを強く感じたよう。すぐにBig Islandの義母さんから電話で、自宅のガラスはヒビが入ってかなり揺れたとの興奮のレポ。その後、「津波があるかもしれないから、すぐに避難!」とMが水タンクを取り出し始めたので、わたしもオムツ1パックと昨日仕入れたばかりのBF、食パンとチーズを冷蔵庫から取り出し(この時はまだ電気があったのだよね)、携帯とカメラ、念のために長ズボンと靴下をはいて、非常階段を降りました。途中、通路で何人かの人に会ったけど、雨が降りしきる中、避難してるのはうちぐらい。
 丁度、アイルランドに戻っている友達の家に水やりをするつもりだったので、そこへ避難。彼らの家はNuuanuにあるので随分高い位置だから津波があっても大丈夫。
 途中、車を走らせる間、信号機はついてないし、お店の前で立ち往生してる従業員もちらほら。車で聞いていたラジオは、当初1局くらいしかやってなく、その時点では津波の恐れがあるかどうかもわかりませんでした。
 友達の家でチーズサンドイッチを作って食べた後、ラジオで津波の恐れなしを聞いて、とりあえず家に戻ります。この頃、ようやく主要交差点にはPoliceが交通整理をしていました。が、Policeのいない交差点では、通行人を無視してかなりのスピードで走り去る車も多く、悲しい光景をみるはめに。そして、ゼーゼーいいながら階段のぼって1○階まで到着。
 とりあえず、バスタブに水をためはじめて(高層階のせいか、この時点で既に水の圧力は低下しはじめてました)、 ハリケーンボックスを取り出しました。
 これを作ってて正解だったけれども、1○階から階段で降りるには重すぎる、、、。今後は車にも非常食をおいておく必要があるかなぁと。
 そろそろ中身を入れ替えしようかと思っていたんで、良い機会だしと、この中の食料を使うことに。卓上コンロがあるので缶スープを温めたり、圧力なべでご飯も炊けました。(通常、米は冷蔵庫に入れてるのですが、先週Costcoで日本産米ー種は日本の米でも作るのはメインランドの米が主流のハワイ、なんと日本育ちの米を発見!ーが常温でおいてあったので、これをトライ!これには、パンばかりの食事の中、救われました。が、調味料の醤油やマヨネーズは冷蔵庫の中。冷蔵庫を開けると中の温度が上がるため閉鎖していただけに、これはキツかったです。キャンプ歴、セーリング歴沢山のM曰く、常温でも管理できるマヨネーズなんかがキャンプストアで売ってるらしいです。缶ツナと食パンがあっても、マヨネーズがなくちゃツナサンドイッチができないもんなぁ。このキャンプ先生のお陰で、水をあまり使わなくてもすむよな食器洗いもお任せしました。
 朝シャワーのMと、ずっと家で閉じこもり気味でストレス満々のSHOのために、ビーチへ行くことに。アラモアナビーチは人も少なくて、水がとてもきれいでした。
 電気で使う電話は停電で使えず、携帯もほぼ繋がらない状態だったので、普通の電話機を買いに行こうかと近所を散策していると、ABCストアやドンキにかなりの行列ができてたりしてそれを観るだけで、また階段で上る家へ戻ってきました。携帯も常にバッテリーを補充しておく必要がありますね、夜には二人の携帯は、ほとんどバッテリーゼロでした。
 ラジオで夜中か朝方までには電気が復活するといってたのですが、とりあえずキャンプ用の卓上懐中電灯やロウソクを並べて、明かりがあるうちに、パスポートや現金、常備薬や水無し歯磨き、着替えをまとめたキャリーバッグを作りました。ATMが停電で使えなくなると、カード社会のアメリカでは現金を入手するのがとても困難。非常用の現金も作っておく必要がありですね。
 飲料水は車のトランクに2つと、自宅に1つ。タンクを買いこんでいたので、これでコーヒーを作ったりできました。水ばかりだと、たった半日でも飽きるもんですね。SHOにはジュースのパックの買い置きがあったので、それを与えました。粉末のジュースをMは飲んでたけども、あれもよかったかな。ダイパーやワイプも数が減ってきたら、早めに補充した方が安心ですね。
 外が暗くなり始めたころ、遠くのパールシティやカイムキの方は明かりが灯っていますが、アラモアナは全く真っ暗。こういうのも珍しい光景です。でも、なんとか生活してるんだもの、月に一度くらい省エネデーでみんなが電気や車を使わなければ、きっとエネルギーもかなり節約できるよねと、玄関前の通路に椅子を持ち出して、家族で涼んでおりました。
 お互いの地震経験(私は阪神、Mはサンフランシスコの震災)を語りながら、ブロックごとに電気が復旧するのをみてました。だんだんその電気の波が近づいてくると、周りから歓声が!!
 うちも、となりのAMSCの駐車場の明かりが着いた数分後に、通路の電気が点いて、ほっと一安心。ずっと開かずの扉で頑張ってた冷蔵庫も、12時間程度なら大丈夫だったみたいで、中身もなんとか無事そう。しばらくは、近所のスーパーで買うのも信用できかねないし(賞味期限きれたのをそのまま売ってることもあるハワイのスーパ 涙)、当分は野菜食で切り抜けようっと。
 いつもの通り、電気のある暮らしは本当にありがたいです。この電気の暮らしをしてない地域もあるんだろうけれども、この便利な暮らしに慣れてるせいか、突然それを失うとパニックになるのがわたしたち。。ロウソクを灯して食べるご飯もたまにはいいけれども、やっぱり限りある資源を有効に使わないと、今回のような自然が相手のしっぺがえしは、さすがの人間も無力ですね。
 朝から掃除機に洗濯機が大活躍の我が家。ある程度、災害用に準備をしていたのは助かりましたが、まだまだ学ぶことが多いです。
 地震が頻繁な日本とは比べ物にならないほど、その後のケアが不十分なハワイだけに、自分の身は自分で守らなくちゃと、真剣に考えました。 今後は、キャンプのような生活も、予行演習に何度かやっておく方がいいかも。
 アイスクリームやフリフリチキンの無料奉仕もあったそうですが、観光客には厳しい一日だったとTVのニュースで詳細を知りました。特に乳飲み子抱えた家族なんて、人ごととは思えませんでしたね。旅行も覚悟がいるなぁと、改めて実感。日本だからって里帰りも、地震大国だけに、ちょっと覚悟しなきゃ。ただでさえ荷物が多いお子連れですが「万が一」ってのは、やっぱり頭に入れておかなくちゃ。みんなのお家は大丈夫だったかなぁ?
 
[PR]

地震だ! <速報>

 今朝、7:08 Big Island で地震が起きました。我が家はその余波をOahuで体験したのですが、高いところに住んでるせいもあってか、揺れましたね〜。
 津波の心配をして、すぐに避難をしたのですが、その恐れはないとのことで、戻ってきました。コンドのエレベータが使えないから階段で上ったけどもね 汗。
 いま、やっと電気が使えるようになりました。(夜の9:31)周りでは歓声があがっています。でも、隣のコンドはまだ電気がきてないみたい。
 とりあえず、我が家は全員無事です。みんな、色々心配してくれてありがとう。とりあえず、速報ということで、、、改めて、またこの日のことを報告したいと思います。
 Oahuはとりあえず、今夜中に電気が回復するとのことです。
 HECO のみんな、がんばれ〜!POLICE のみんな がんばれ〜!
 そして、ありがとう。   Aloha.
[PR]

Children Discovery Center

 ママ会のみんなで行ったKakaakoのChildren's Discovery Center。中に入ったのは今日が初めてで、うちのSHOさんは最初っから興奮しっぱなしでした。
 思っていたよりも、小さいお子から大人までが楽しめるこの施設。今度、Mを連れていって、年間パスを買おうかなぁと思いました。お友達によると、少しずつ施設もリニューアルしてるみたいです。
 最初に入った5歳までのお子エリアには、小さいセールボートやビーチグッズ、知能玩具が沢山おかれてあって、柵の中で元気にお姉さんと遊んでくれました。その柵の外は小さい街になっていて、警察署からスーパーマーケット、劇場や銀行、裁判所に車の修理工場まであります。どれも子供サイズで楽しめるものばかり。他には体を動かせるスポットや不思議な鏡、車いすを体験できるコーナまで。本がいっぱいおいてあるお城の部屋には、ハワイでは珍しい暖炉までおいてありました。2Fには、ハワイらしく各国の文化を学べるミニチュアのお家やミニチュアアロハタワーに飛行機、船、海の中気分を味わえるTVカメラ、巨大シャボン玉を作る機械と盛りだくさん。
 いつもなら昼寝の時間なんだけども、精一杯体を動かしてくれて、途中で電池が切れた頃にお昼ご飯を食べさせると、更にパワーアップ。同い年のお友達は帰りにはみんな夢の中なのに、一人眠れずに、張り切ってママたちのお昼ご飯にも同席。ずっとこの調子で帰りの車の中でようやく落ち着いたのか、寝てくれました。彼の最近のハイパーなエネルギーを消耗するには、いい場所だったんだけども、平日が4時間しかやってないのは、ちょっと残念。
 寝起きのSHOは更に機嫌が悪く、夕ご飯を作ろうとする母の手をかなりやきました。興奮し過ぎてなかなか寝付けなかったみたいだけども(最近、何事にも興奮し過ぎなんだよね)夜9時半には就寝。今夜は楽しい夢をいっぱいみてくれますように。

a0048361_1821126.jpg ←劇場内の楽屋にて
a0048361_18215355.jpg ↑消防車を運転してみたよ。
[PR]

やっと観た!

 あれから約3ヶ月。1$シアターで上映されているのを知って、昼間に観に行ってきました『An Inconvenient Truth』。やっぱり、すごい!行ってよかった。
 字幕無しの映画を一人で見るなんて、何年ぶりだろうか。それはともかくとして、ゴアの英語はこんな私にでもわかりやすいし、映像やグラフ、パワーポイントもあるから理解しやすい。彼が6年前、大統領に選ばれていたらアメリカは確かに今とは違う方向へ進んでいたと思う。
まずは、ここをクリックするだけでも、もう一度見てほしい。

http://www.climatecrisis.net/

 アメリカは、今動かなくっちゃいけないって強調してたけども、彼は全世界の一人でも多くの人にこのことを呼びかけている。TOKYOでも講演したっていってたっけ。
 京都議定書に賛同しなかったアメリカだけども、今では多くの町や州があの意思に反して行動している。(その町というのは、ブッシュを支持した州ではなくて、民主党の強い州というのがうなづけるけれども。)次に自然の叫びで犠牲にあうのは、こうやってPCに座ってなにげに生活しているわたしたちかもしれないから。世界中のいたるところで、温暖化が確実に進んでいて、そして、グレーシャーが全て解けてしまうことにでもなったら、ほとんどの街は水面下にしずむことになる。あの、WTCのビルだって、、、。今、戦わなくちゃならないのは、テロリストじゃなくて別にあるっていうあの言葉、みんなに考えてもらいたい。北朝鮮が核実験した日だけあって、わたしはなんだか更に怒りに震えた。
 本当に、わたしたちのすんでる地球が、今とてつもなく危険な状況にあることを、まずは知って、そしてアクションを起こしてほしいと思う。

 バイオディーセルの車買うっていってるM、ちょっと合意できそうだよ、わたし。
[PR]

M父誕生日

 金曜日は、Mのお誕生日でした。ここんところ、夜のDisc Golfやらミーティングやらで息子とあまり時間を過ごしていないせいか、進んで添い寝をしてくれてたので、この日もMの目覚めはSHOと一緒。誕生日の朝の寝てる写真を撮ったら、二人とも偶然、同じポーズで踊ってるようでした。

 少し早めに仕事を切り上げて帰ってきたので、みんなでビーチへ。ここんところ鼻水小僧のSHOでしたが完治の記念に久しぶりの海へ。3人でアクロバットをしながら遊んでいると、あっという間のサンセットタイムとなりました。
 この日は、Full Moon Risingも見れて、とてもクールな碧い空と、オレンジに燃える紅い空が対照的。最近、月に興味を持つSHOにも、Mの誕生日を祝ってくれるかのような大きな月にご満悦。おまけに、金曜日恒例のヒルトンの花火まであがりだし、祝賀ムードに酔ったM2Familyです。

 そんな中での夕ご飯は、タケノコご飯とMの大好きなごーやちゃんぷる(ツナ入り)、そしてYama'sで買ったポケ3種。実は、この支度をしていなかったら、ノースへ行ってたかもしれないのよね。(サーファーは波があると、予定はコロコロ変わってしまうのが常、昼にかかってきた電話で、「ノースへ行こうか?」と言われた時には、ポケが、、、と思わず口にしてしまったわたし)結局、レストランで交代にSHOの面倒みるよりも、家でポケをつついてもらう案におさまりました。

 デザートは、スイートポテトとハウピアのパイ。これはまた強烈な味でしたが、ヘルシー志向のMには好評でした。これをみつけなかったらスイートポテトパイを自分で作ろうかと思ってたんだよね。よかったよかった。なかなか手作りする時間がないのが現状。ここんところ、SHOの昼寝は1回きりで、また短いのだ。その分、夜に集中してくれるのがありがたいんだけど。

 お誕生日の歌と一緒に現れたロウソクに興奮するSHOさん。きっと、次のお誕生日は、自分でふーって吹き消すことができるかなぁ〜。
a0048361_10382357.jpg
 こうして、M2Familyは、Mの誕生日記念ウィークエンドに突入したのでありました〜。
[PR]

17ヶ月を迎えて、、、

a0048361_15231782.jpg 17ヶ月目を迎えた日の夕日は、とても壮大な雰囲気でした。ここんところ、ハイパーぶりがさらにパワーアップして、母はヘトヘトの日々です。これも、多分断乳に続き、夜中の睡眠が濃くなってきたからと思われます。睡眠が濃いというのは、嬉しいことに多少声をあげても自力で再び夢の中に突入するケースが増え始めたのです。断乳後は、母の母乳を恋しさかどうかはしれませんが、夜中に目を覚ましてわたしが話しかけると更に泣き叫び、ほぼ一ヶ月Mが添い寝を続けておりました。そろそろMも限界と思われた頃、夜中の絶叫がなくなったのです。ちなみに先日は、連続9時間睡眠という新記録を作ってくれました♫このまま熟睡の夜を送ってくれますように。

 体重は変化がないようにおもわれますが、食事の量は増えてきました。最近のSHOのブームは、とりソボロご飯です。最初は苦手だったミンチも、野菜のみじん切りや卵を一緒にして食べさせると食べ始めました。基本的に混ぜご飯大好きですから、、、。ただ、断乳を終えて、更に抱っこを要請する頻度が増えました。だから、私的には体重が軽い方がありがたいんですけど。それと、意外とシャイな一面も多いようです。少し人見知りする時がまだあります。

 言葉は相変わらずで語彙が増えませんが、何かを伝えたい気持ちは強いらしく、「メイメイ」と「マンマ」を連発しています。これにはちょっと疲れますが。他には、「あんあんまん」や「バイバイ」くらいが私が理解できる言葉、、その他は中国語に近い言葉でずっと独り言をつぶやいています。そう、まだ「パパ」とは、はっきり言ってくれない様子。あんぱんまんに先を越されたといって嘆くなよ、M!あなたもママのようなものだから。そして、YesとNoを首ふりで意思表示ができるようになりました。まだ質問は限られていますが、コミュニケーションがとれるのは嬉しい限りです。犬をみると「ウォンウォン」のような発音をしています。多分、犬のワンワンを言いたいんだろうと思われます。「うー」の微妙な変化で何かを伝えたい様子。

 相変わらずボタン好きであちこち押しまくっていますが、受話器は耳に押し付けるのが好きになりました。ジッパーも時々開け閉めしています。ぬいぐるみに話しかけたり世話をするようになりました。「月」と「クレーン」が好きなようで、みつけてはずっと指さして「メイメイ」や「ガシャーン」(多分これはクレーンの音だと思われる)と叫んでいます。飛行機と鳥以外に視野が広がったみたい。

 誰かの「ありがとう」を聞くのが嬉しいらしく、何かしら手伝いたがります。やけにオーバーアクションすると繰り返すというマイナス面もありますが。使用済みのおむつを「ポイポイして」というとゴミ箱に捨てるのはありがたいんだけども、また拾って持ってこようとする時もあります。ちょっと犬のよう。あとは洗濯物をピックしたり、ハンガーを持ってこようとしたり。今でも、床のゴミを丁寧に拾ってくれるし、わざわざビニール袋から小さいかけらをひきちぎって、渡してくれるときもあります。

 ハイチェアに座っていれるのは30分が限界です。今日はもってるなーと思うときは、う○ちタイムだったりしますが。お陰で外食は30分以内に食べ終える場所じゃないと、落ち着きません。来月は日本なんだけど、大丈夫かなぁ〜。いっぱい成長したところを、おじいちゃんとおばあちゃんに、そしてお友達にみてもらいたいねー。
 
[PR]
by mamaokapi | 2006-10-06 15:34