mamaokapi in hawaii

<   2007年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

母、泣く、、、

a0048361_3304591.jpg 先週の土曜日、Waimea Valley Audubon Center(ノースショア)サーフライダーファンデーションの感謝の集いがあったので、家族で出かけてました。Mがお昼間、Nationalメンバーにプレゼンしている間は、SHOと二人で孔雀と戯れたり、お花を探したり、たっぷり緑で遊んだ後は、友達と一緒にタートルベイのビーチで海水浴。散々、身体を使った後のパーティだったので、母は久しぶりにお酒もすすみました〜。
a0048361_331047.jpg 会場は、屋外の小さいガゼボで、ゲストにはプルメリアのレイが配られます。SHOさんも嬉しそうに耳に飾ったりと楽しんでる様子。ポケとハウピアをたっぷり堪能して、ハイテンションのSHOをMと交代で面倒みていたんですが、そこで久しぶりに観た「フラダンス」で、母は涙が止まりませんでした。
 運よく目の前で、ノースショアとパールリッジでクラスを持つ師匠の踊りをみることができ、なんか心の中の色んなものが、ぷわぁ〜っと湧き出た勢いで涙もちょちょぎれた、、、って感じ。
人の心を動かすフラって、凄いですよね。自然がたっぷりの緑の中で、トーチの炎で照らされた岩場をステージに見立てて、しっとり踊るフラダンス。瞬間に、周りの力が一気に彼女に振り降りたかのようにパワフルで、そしてしなやかで。そして音楽もいぃ〜! その歌の意味を身体全体で表現しながら、大切なメッセージを相手の心に直球で送り込む。ずっと昔っから、人はこうして、木や花や海とそして人間同士が仲良く暮らしていたんですね。宴には、こうして人が集って、美味しいものと笑顔を囲み、みんな幸せな時間を共有する。ふと、目を落とすと、息子もよそのお子の手をとって、足踏みしています。   久しぶりに踊りたくなってきた母でした。

a0048361_3311888.jpg

  ウェーブ!!
[PR]

プリ探し その2

a0048361_817587.jpg 前回のプリ探しから一ヶ月後、2校のプリに見学に行ってきました。
 最初は、Moiliili Honguwanji。先の仏教系に比べると、先生も生徒も緩い感じがします。大人の私からすると手狭な敷地も、当の子供達には関係ないかな。ここなら送り迎えもそんなに気にならないし、なにより説明してくれた先生を私は気に入ってしまいました。場所がお寺ということで、地域と密着していて、お寺を通していろんな日本の文化も学んでくれるんでは?と期待しちゃいそう。次の学校のアポ時間が迫っていたので、後ろ髪をひかれながら退散、、、。

 そして、最後はダウンタウンにある Early Education。広い敷地の中に沢山のモンキーポッドが植わってあり、その木陰で身近にある草木を使って、先生やグランマを囲んでも幾つかのクラスが行われています。こうやって屋外授業をしてるのが一番新鮮でしたね。それと教室には沢山の生徒の美術作品が飾られてて、各クラスに水槽があるのも魅力。とても自然と共存してる雰囲気が味わえました。とても丁寧にクラス案内してくれている先生とSHOに「一緒に遊ばないの?」って声をかけてくれる生徒が! 彼は自己紹介してくれた後に、私の幾つかの質問にも笑顔で答えてくれました。先生が生徒の名前を覚えていて、声かけてる姿にも安心を覚えました。ん〜、この学校なら、伸び伸びの環境を与えられるかも。

 SHO自身に選んでもらうのが一番でしょうが、まだ違いのわからぬお年頃。ただ、この2日目の見学は、大人しく教室をじっと覗いてみてました。どのスクールも今から申し込んでも来年の新年度(夏)からしか入れそうにないので、とりあえず申込書を申請する手続きを始めることにしました。少しずつ見え始める息子の個性と、ちょっぴり先の将来を頭に入れながら、申込書を書き終えて少しホッとしつつ、必須のトイレトレーニングに頭を悩ませる母なのでした。それと、PTAでもうまくやってけるように英語も勉強し直さないと、、、と。頭が痛いですね、、、ほんと。
[PR]
by mamaokapi | 2007-06-26 07:14 | 今日のSHO

プリ探し その1

a0048361_3284314.jpg プリスクール。それは遠い話。なんたって、SHOさんが3歳になってからの話だし、、、。
 そう言っていたのも遠い話のこと。SHOさん、もう2歳を過ぎてしまいました。

 「ホノルルでは、産まれた直後にプリスクール(幼稚園)の申し込みをしないと入れないという所(Queen Ema School?)もあるから1歳のお誕生日頃には申し込みしておかないとね」のウワサに、まず1歳誕生日頃にいくつくか電話をかけてみたのですが、
「スクールツアーは秋にしかやってません」とか「2歳になったら連絡ください」とか、拍子抜けの学校の返事だったので、そのままこの話は放置されたまんまになっていました。

 そんな我が家も、一応選択の基準を考えてはいるんですが
●カトリック系じゃない(父母は共に無宗派なので)
●子供の自主性を尊重する雰囲気
●習い事に集中せずに、色んな体験を積める
●できれば近所
 彼にとっては、両親から離れての初めての社交場となるのがプリなので、なるべく自然な環境で、沢山の良い刺激を受けれる場所であって欲しいと願ってます。

 で、さすがに2歳の誕生日になったんだから、、、と、今更に重い腰をあげる母。一年前電話をかけなかった人気のある学校は既に長い順番待ちが出来ているようです。

で、最初にスクールツアーに行ったのが、Honolulu Best Preschoolに選ばれたという「Hongwanji Pali」
カトリックじゃなくて仏教ですが、日本語のクラスもあるというアカデミックな学校。唯一スイミングプールが敷地内にあるというのは大きなポイントです。さすが仏教系とあって日系の子供が多く、子供達の笑顔もみれますが、とてもみんなお行儀が良い、、、というか良すぎる。
自由奔放なSHOには、ちょっと似合わないかも。そして学費が高い割には、スクールランチのメニューが今ひとつなところが気になりました。ここはお受験があるので、誰でもってわけにはいきませんが、願書受付は続行中。

次に行ったのが、比較的近所の人気のある「KCAA Muriel」
教室が手狭な感じがしましたが、どの子も楽しそうに過ごしています。SHOさん、ここでも目の前のプレイグランドに目を奪われて、泣いてしまう始末。小さい子供がいるせいか、デイケアの延長戦のような感じもウケましたが、大きい子になるとPCのクラスもあります。ここは、案内してくれた先生もとても感じのいい方でした。順番待ちはかなりですが、今からだと来年夏からのクラスにはなんとか間に合いそう。

MontessoriやWoldorf Schoolも気になりますが、スクールツア−は終了した様子で、秋以降に実施とか。時間があれば行ってみたいなと思ってます。

と、まぁParat1は、ここで終了し、しばし父母は多忙期に見舞われ、プリ話が途絶えたのでした。ここまでで、「これ!」といった決定的衝動には見舞われなかったのですが、ネットで色々調べたり、先輩ママさんに聞いてみたりで、Part2は2校に絞ってみました。続きは後ほど、、、。
[PR]
by mamaokapi | 2007-06-23 03:32 | 今日のSHO

従姉妹のNちゃん

 日本から従姉妹のNちゃん家族が遊びにきてました。Nちゃんは、SHOより4ヶ月若い女の子だけど、体格も成長も著しく愛想のいい、海の大好きな元気なお子です。二人して広い額は、同じ家族の血が流れているんだねぇ〜 笑。

a0048361_8122690.jpg 最初はSHOも自分のおもちゃを触られるのを拒みながら「Non Non」を連発していましたが、次第に打ち解け、Nちゃんが泣くと「ベビー、うぇーん」と悲しい顔をして私に訴えてきました。最後には、自分からハグにいったり、手をつなぎにいったり。二人で仲良く会話をしながら遊ぶようになった時は、両親たちは目頭があつくなりましたよ、、、。

a0048361_8184324.jpg ミニバンをレンタルして一緒に島内観光へ出かける時も、仲良くカーシートを並べてドライブです。SHOにとっては、同年代のお子との密着生活に、とても刺激的なバケーションになったに違いありません。いつもの泳ぎにも、力が入ります 笑。が、すぐに身体が冷えて陸にあがりたがるSHOでした。
a0048361_817560.jpg  ノースショアのシャークスコーブでは、久しぶりに遊泳中のウミガメにも遭遇しました。交代で子守りもできるので、ビーチではたっぷりMとの時間も過ごせ、久しぶりにボディーボードやスノーケルを楽しみ、そしてワイケレでもたっぷりお買い物〜と、とても充実の日々でした。Mも弟とサーフィン三昧のFathersDayを過ごせて、ご満悦〜。
a0048361_823557.jpg 
←は、父の日にちなんで作った母手作りのバナー。車につけて、父の日を祝いましたよ。駐車場では、ロコのお父さんたちにウケてた作品です。
 Nちゃんみてると、SHOに妹がいれば、こんな感じかなぁ〜と母、感慨深くなりました。また、次に会った時は、遊び方も変化して、もっと楽しい思い出が出来るよね。Nちゃんの大好きなハワイの海で、待ってるよぉ〜!また、一緒に遊んでね。
[PR]
by mamaokapi | 2007-06-20 08:38 | 今日のSHO

Surf's Up

 父母の突然の思いつきで、昨夜家族で先週末から公開されているアニメ『Surf's Up』を観に行ってきました。同じペンギンつながりとはいえ、前回の『Happy Feet』が蘇る母、、、きっと$9.50払っても、私は多分外の廊下でSHOと遊ぶんだわ、、、。 そうです、今回は$1じゃないんで、どうせなら最後まで観てみたい、、、。
 晩ご飯を食べ終わっての思いつきで、19:30に家を出て上演時間は19:45。間に合わなかったら諦めるつもりが、出口付近の端っこの席が余裕でとれて座っていました。ハワイの映画館はよっぽどでないと満席にはなりませんね。前回の$1よりも更にデカイスクリーンに釘付けの息子。
 途中からは父のポップコーンに手を伸ばしながらも、目はスクリーンに。ビッグウェーブのシーンは「ウェー!」と絶叫し、いいライドをみせると他のペンギンたちと一緒に拍手。
 そうなのです、最後のエンドクレジットまで、SHOさんはご機嫌に映画を楽しみました。途中少し眠そうになったのですが、嬉しそうに「ぺんぺん」と言いながら大人しく膝の上に座っててくれました。 完全観賞〜!!
 周りは夏休み突入で沢山の親子連れもいて、とてもWelcomeな雰囲気。母も安心しました。今回は、お留守番じゃなくてSHOさん、よかったね。
 前回の「300」では6歳くらいの男の子が親と一緒に観てて、R指定をこんな小さい子供と観る親がいるのか!と立腹してしまいましたが、やはり、お子にはこんな優しい作品を観て欲しいです。
 最近、サーフィンの本や広告を観る度「ダディ、ウェー」と言ってるSHOさん。今回のこの映画での満足ぶりに、Mは自宅で一緒にサーフムービーを観賞すると張り切ってます。
 ま、ストーリーはわかってなくても、大好きなぺんぺんと、きれいな波がみれたということで。
 ほんと、映画はペンギンブームですなぁ、、、。
[PR]
by mamaokapi | 2007-06-13 05:12 | 今日のSHO

小若デビュー

 金曜日の夕方、ハワイ島のグランマがやってきました。久しぶりの再会を楽しんだ後は、みんなでワイキキのブロックパーティへ。この日は「祭り in Hawaii」のイベントで、ダンスにライブとにぎわいをみせます。フードブース(Kailuaの「Lucy's」も来てた!)も、御馴染みのお店が勢揃い。どれにするか迷ってるうちにお腹がすいて、適度なラインができてた点心プレートをゲットしました。
a0048361_10461469.jpg そして、SHOさん、いよいよ祭りルック「小若」デビューです。今まで子供服甚平のコレクションも相当なものでしたが、このセットは祭り好きの母の夢。大阪M子さま、とうとう着せましたよ〜。ありがとうね〜。
 沖縄盆踊りの輪に何度か入れようとしたのですが、恥ずかしがってUターンの連続。最後には、はちまきを嫌がりはじめ、とうとう上半身裸になって、フォートデルシーをMと走り回って帰りました。ま、太鼓のリズムにのってたから、よしとするか〜。
a0048361_104650100.jpg この週末は、このお祭りと「King Kamehamehaパレード」もあり、徒歩圏内で色々イベントが催されて賑わいました。大相撲トーナメントも来てたので、ショッピングセンターではあちこちでSUMO レスラーの浴衣姿も観れました。小若ルックは、日曜日のフィナーレパレードでも着せてみたのですが、残念ながらカメラバッテリーがなくなって、SHOさん画像は無し、、、。牛追いの山車をみて、「うぉーうぉー」と叫んでいたSHOさんです。いつか、日本のお祭りに連れて行ってやりたいなぁ。
 
 そして、土曜日の夜。Mとのムービーデート。ひょっとして一年ぶり? さて、何処へ行こうかと直前になって決断する父と母。 アロハタワーのChai'sで Makanaのライブでも観ようかと言ってたのに、この前日にライブは終了。今頃はCAツアーに出かけているようです。この日は父も母も心身共にかなり疲れモードだったのですが、この機会を逃してはと論議を重ねて選んだ映画が「300」。これはある意味アーティスティックな作品なので劇場で観る方が断然良いという理由と、「血」の出る作品が苦手な母も、Gerard Butler(「オペラ座の怪人」(映画)でファントム演じた)が出てるってだけでOKしてしまいました。確かに、いくつか直視できないシーンもあったけど、今のアメリカとペルシャ軍が重なって見えたり、魔力や見えない力に翻弄される弱い人間の心を改めて感じたり、最後に勝つのは愛する者を守る心なのねぇ〜と、ロマンティックになったりと、母は満足でした。
 そして驚くべきことがSHOさんの態度。母と父が出かける時に、父には「バイバイ」と手を振っても、バイバイと言う母の顔は何故か避けます。母のバイバイを聞きながら、唇をしっかり噛んで泣くのを我慢しているようだったとグランマが言ってました。 (泣かせるねぇ〜) 
 バイバイの後、二人でブロック遊びを続けて、晩ご飯を食べたらすぐに眠ったそうです。昼間、殆ど昼寝なしでBellowsでブギーボード楽しんでたSHOさん、一度も泣かずにグランマの側からずっと離れず、すぐに眠りについたそうです。車中も含め、ずっとグランマにべったりだったせいか、かなりグランマを信頼したとみえました。そろそろ、ベビーシッターOKのサインでしょうか。父母の期待はかなり膨らみます。
[PR]

探検隊がいく!

 M父がド忙しい中、平日休みをとったSHOの25ヶ月誕生日の午後は、父と息子でダウンタウンを探検しました。といっても、母の立ち寄るようなショッピングでコースではなく、自然いっぱいの場所ーHonolulu Hale周辺です。SHOも大満足。

a0048361_435883.jpg

  将来、この笑顔が続いてたら、市長に立候補する?

a0048361_4353467.jpg

   Hale 周辺はこんな噴水や地下道もあるらしい。

a0048361_438761.jpg

  大きい木が大好きです。

a0048361_4395835.jpg

  何か感じるかい?

a0048361_4431192.jpg

  ビービーが停まっていたそうです。

a0048361_4435271.jpg

  この炎はさすがに消せないね。

a0048361_4443354.jpg

  Welcome Aloha State~~

 探検が終わった後は、母に一生懸命感想を述べてくれていましたが、残念ながら連想出来ず、、沢山撮った写真と父の説明で、母も理解を深めました。
 さぁー、今日は母とショッピングツアーのお供をお願いねっ!
[PR]
by mamaokapi | 2007-06-09 04:37 | 今日のSHO

25ヶ月を迎えて、、、

a0048361_847193.jpg SHOさん、今日でめでたく25ヶ月!月日の経つのは早いものです。
 今のSHOの言葉のブームは、相変わらずの「Beach!」。Mがサーフィンに出かける時は、「ダディ、ビーチ」と呟きます。「ウェー(ブ)(意味;波)」も最近になって言ってるかな。どこか一文字で伝えるのが好きなようで、母はそれを連想するのが大変です。一人で突っ込む連想ゲームみたいで、ちょっと悲しいけれども。あと、よく喋ってるのが「どうぞ〜」。「どうぞ」といって快く受け取ると、後で頂戴と催促されるので、はっきりわかって使ってるとは思えませんが、物の受け渡し、受取は「どうぞ」を使う事が多いようです。食事中、よくスプーンを私に「どうぞ」と渡しては(食べたいんだけど、これ使って)みたいな使い方もしばしば。そして「トゥー(意味;2)」もよく言ってます。数字や色は、どっちかというと英語が多いみたいです。言い聞かせは日本語の方が理解しやすいみたい(さすが、母との時間が長いだけ)。「あいうえお」は「アルファベット」よりも発音がいいみたい(七田のお陰といいたい)。

 ようやく、歌らしきものが歌えるようになりました。といっても、おっかけっこの歌ですが、、、。
「こぶた、たぬき、きつね、ねこ」やら「アイアイ」「ドレミの歌」の輪唱を楽しんでいるようです。少し、手遊び歌も興味を持ち始めたかな、、、。SHOとのドライブは、童謡のヘビーローテーションで、Mも童謡のレパートリーが増えてきています。

a0048361_8474828.jpg  忘れちゃいけないブームの一つ、モンキーポッドの種。彼語では「(ま)め」。駐車場でせっせと拾っては車内でじっと眺めています。なんか中毒にかかったみたい。一旦みつけると、もう周りは見えませんが、これを握りしめると落ち着くみたい。よって、精神安定剤の一つとして、車内には「隠し豆」をいくつか用意しています。(写真内最小が種。)
a0048361_8483837.jpg  
 そんなSHOのためにも、プランターで朝顔とひまわりの種を植えました。まだ水やりさせるのは危険(既に投げた絵本が当たって2苗、ご臨終)なので、観てるだけのプランターですが、「ベイビー、ベイビー」と嬉しそうに眺めています。「トトロ」が来たのかなぁ?って言うと何故か険しそうに、トトロが飛ぶ真似をしてくれます。笑。

 25ヶ月を迎えた今日は、いくつかプリスクール巡り。2歳になって、ようやく重い腰をあげ始めた我が家です。あと、一年ちょっとでSHOさんも母の手から卒業できるんでしょうか。スクールの子供達をみて、SHOもあぁやって、ちゃんと一人で出来るのかなぁとか、しみじみ。また、このお話はゆっくりと、、、。
 性格的には、どうもかなりシャイな男の子のようです。「ハ〜イ♪」と挨拶するのも、知ってる人、それも限定されちゃうし、初めて会う人に声かけられるとすぐに母の後ろに隠れるし。でも、この「ハ〜イ♪」が、メチャクチャ可愛いんだなぁ、、、(って親ばか!)。何故か、ハイトーンのかすれ声して、首を横に傾け、固めに手を伸ばし、皇室風に手を振る姿はなんとも愛おしいです。

 と、色んな気持ちが巡る中、週末やってくるグランマに、久しぶりにベビーシッターを頼もうと、父と母はムービーデートを計画中。やっと『pirates of caribean #2』をDVDで観て週末を待ちこがれています。どうか、いい子でいてくれますように。
[PR]
by mamaokapi | 2007-06-06 08:57 | 今日のSHO

24ヶ月〜遊び事情〜

a0048361_124574.jpg 24ヶ月といっても、もうすぐ25ヶ月になりますが、、、。最近は暑い日が続くので、多い週で4日は海に浸かってます。一番好きなのは、バケツに海水をくんできて、乾いた砂地に運び水まきすること、、らしいです。よくも飽きずにずっと繰り返している姿に、何か前世の所以か?って思うこともしばしば。
 そして、本当に好きらしいのが、お花。今ハワイに咲いてるのは「タンポポ」がメインですが、よく幼児雑誌にのっている「チューリップ」も好きなので、どうやってハワイでチューリップを長く見せてやれるか?と悩みましたが、コンドのロビーにおいてある造花のチューリップに助けられました。よって、この2種類は確実に識別できるようです。その他咲き乱れるといえば、「プルメリア」これは落ちている花を拾ってはずっと手に持って遊んでいます。a0048361_12501989.jpgプルメリアを耳にかざすのをよくみかけますが、これも左側にかざすと恋人がいるという意味があるみたい。本人は両耳にかざさないと気が済まないようですが、ポリネシア人には男性も花を身につける習慣があるようで、彼もその気なのかも。誰も教えてないけどね。「ブーゲンビリア」は形がしっかりしていないのでどうも苦手のよう。「ガーデニア」も道端の垣根によく植わっているので、指差しては「ね」「ね」と叫んでいます。花を見つけると、ひざまずいたりしてずっと観察する癖がついてしまい、クレーン並に彼の中では大事な存在のようです。
 母が作ったケイキブランケットの願いように、「花」と「波」の好きな、自然に感謝し、共存できる少年に育ちつつあります。パチパチ!
a0048361_1257597.jpg 家では、もっぱら「トトロ」と「アンパンマン」のDVDに夢中ですが、時々思い出してはやってくれるのがトーマス遊び。うまくマグネットの連結がつながらないと投げ出したりして癇癪を起こしますが、お絵描き同様、一人遊びのいい相手になってくれています。これを出すと、コーヒーテーブル占領されるんで、何も置けませんが、いつしか彼のお気に入りのものはここに並ぶようになってます。
 たっぷり遊ぶと夜もずっと寝てくれる図式から、なるべく外で身体を動かすようにしていますが、どうしても無理って時は、夕食後にMとヨガ体操してもらってます。色々なポーズをとれるようになるのが好きらしく、新しいポーズを習得しては、母の目の前でやってくれます。ヨガの後はレスリングと体力作りに余念の無いSHOさんなのでした。
[PR]
by mamaokapi | 2007-06-05 13:04 | 今日のSHO