mamaokapi in hawaii

<   2007年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

日本です

 こっちに着いて、もう数日が経つというのに、本調子じゃありません、わたしたち。
 飛行機の中は、正直、息子は悪い子じゃなかったんですが、母の気力と体力が持ちませんでした。日本行きには付いていたプライベートDVDなのですが、入っていたソフトがすべて気に入らず、持参したDVDのアンパンマンをみてご機嫌のSHOさん。それも長続きはせずに、何度かエコノミーエリアを脱出して、走り回ってしまいましたが、客室乗務員の皆さんに可愛がってもらえて、ご機嫌だったようです。持ち込んだ新しいおもちゃは全て使いこなしてくれました。少し気が楽と感じたのは、座席のせいかも。一番後ろの窓側2席に座ったので隣を気にせず、1時間ほど眠ってくれましたしね。それにしても、悪天候で9時間近くは、長かった、、、。

 空港をおりて、リムジンバスの中。ここでは一睡もせずに、結局ばぁばじぃじに対面する直前、多少眠気が襲ったようですが、目を無理やりあけさせて(鬼母)対面後は、興奮のまま、日本時間の22時に就寝。これで時差ぼけも無いと思いましたが、ちゃっかりハワイの起床時間には目を覚ますし、興奮しているのか、夜泣きも今でもずっと続いています。

 母は、ほっとしたのか、到着翌日に発熱、筋肉痛にダウン。けれども、目新しいことに貪欲な息子は一切母の存在を忘れ、じぃじばぁばに夢中です。朝の第一声も、「じぃじ、ばぁば」。今回は、じぃじにもラブラブで、嫌がられても何度もアタックしてる有様。お陰で、母は一人の時間を持つことができ、ゆっくり養生中です。
 マスクをしてる人が目立ちますね、やっぱり日本は秋です。私も早く立ち直らなくては。

 毎朝、教育テレビを堪能し、バッタやだんごむしと戯れ、スーパー銭湯では露天風呂王子でおばちゃんたちの人気をとり、華麗な水しぶきに拍手をもらい有頂天。スーパーのおもちゃ売り場で「あっちー」を連呼し、封印していたソフトクリームに目覚め、スーパーのイケスと魚売り場の広さに興奮し、本人は毎日が夢のよう。ママのみならず、すっかりダディのことも、忘れているようです。時差ぼけと鼻水のせいか、連れて行った近所の水族館も、空回りだったようで。イルカやアシカのショーもまったく興味をみせず、ホノルル水族館でもお気に入りのくらげとメダカに心を奪われていたようです。連れて行った意味なし、、。

 しばくらくは、家でおとなしくしてもらい体力を温存しましょうか。が、皆さんの予言どおり、本人、いきなり、いろいろな言葉を覚えてきだしたようです。恐るべし、ばぁばの威力。ばぁばが倒れなければいいですが、、、。
[PR]
by mamaokapi | 2007-10-30 10:40 | 今日のSHO

里帰りします

a0048361_13184198.jpg 明日から3週間、日本へSHOさんと二人旅です。母は、ここんところずっと調子がイマイチなのですが、何とか気力で乗り切ります。ん〜、きっとこの無力さは、行きの飛行機を思えば出てくる嫌悪感からきてるのよね、、、。そのSHOさんは、いたって元気で、日本時間に調整中なのか、なんと夕方5時半(日本だと12時半ね、、、妥当だわ)に、とうとう昼寝に突入してしまいました。今から体内時計を変える気か!? 抱っこでは決して寝ないし、どうやって機内で寝かせよう。母、やはり不安。飛行機をみては、じぃじ、ばぁばと言ってますが、飛行機の中にじぃじが待っているわけじゃないんです。あぁ、コミュニケーション力がもう少し欲しい。ここまで頑張るつもりなんだから、実家にさえつけば、ゆっくり骨休め出来れば良いのですが。
 父は週末、しっかりSHOさんのブギーボードのお供に付き合い、ミニビデオを作っておりました。実家の両親へのプレゼントです。しばらくは海に浸かれないSHOさん、忘れないでねの意味もこもっているらしい。
 ブログもアップできそうなら、がんばります。皆さん、無事を祈っててくださいましぃ〜泣。
[PR]

ミュージカル観劇 デビュ−

 朝からメローなSHOさんでしたが、母はちょっと緊張気味。今日はSHOさんの観劇デビューなのです。ダイパーつけてこの年で、ミュージカルですかい!ほんと、贅沢ねぇ。ボードデビューが父の夢なら親子ミュージカル観劇は母の夢でした。ホノルルにきたBWミュージカル「ライオンキング」は、何歳でも入場する場合は座席を購入せねばならないので、小さい身体ながらに背を伸ばしての観劇になりました。劇団四季みたいに、ブースターなどないのだよ。
 早朝サーフィンから戻ってきた父が朝ご飯を食べてすぐに、SHOさんの体力作りにワイキキへ。しっかり疲れて帰ってくると思ったら、まだまだパワーがありそう。そこでお昼を食べさせたら、さすがに疲れて一眠り。とはいえ40分くらいかなぁ、、、14時開演だったので、深い眠りの息子を上機嫌に起こして「ライオンのガオー観に行く?」と聞いたら「うん」と素直に応えるので、そのまま車へ連行です。
a0048361_13434157.jpg ブレイスデルセンターには、いつも観てるDVDのライオンの垂れ幕が!SHOさん、嬉しそうに指差して「がおー」と言ってます。会場裏の池で魚をたっぷり見せた後、いざ会場へ。マチネのせいか子供も沢山〜。2歳くらいの子供が一番小さいと思うけど、数人みかけました。きっともっと居たに違いないけれども、、、。
 母は、この舞台、ブロードウェイで開幕して間もなくNYで観て、あまりにもの衝撃にただただ感動したのを覚えています。その後は日本でも劇団四季が上演し、何度も足を運びましたっけ。いつも涙が出るシーンは同じ。その度に、過去の観劇の思い出が蘇ります。もちろん、最初のブライドロックでのシンバお披露目シーンに集まる動物たちと、観客が一つになるシーンで涙が。SHOは「きりーん」「ぞー!」と叫んでおります。やはり予習してたのが良かったのか、ストーリも少しわかってきてるみたい。よく、「ダディー、なーい」とか、さすがにアクションクラブ会員、悲しそうに表現しながら説明してくれます。
 一幕は1時間40分くらいあったでしょうか。怖がるシーン(スカーのすみか)辺りは、母の顔を必死に自分の顔にくっつけたり、手を握り返したりしていましたが、シンバと父ムファサとのシーンは何故かMの膝に抱っこされて、嬉しそうに観てました。ま、一幕はシーン展開があるし、派手な明るいアクションもあるので、とてもいい子で観てくれましたよ。
 幕間に少しだけ階段を上がり下りしてみてから二幕へ突入。枯れきったプライドロックを嘆くシャドウランドにも、母うっすら涙が。青年になったシンバとナラが愛に目覚めるシーンも、なんとかクリア。何故か二幕は母の膝か、自分の席に座るといってききませんでしたが、さすがに暗さにも慣れてきて、落ち着きが、、、。最後のシンバとスカーの戦いのところで、座るのを拒否し始め、前の座席のお母さんの背中を何度も触ろうとしたので、母は抱えて通路へ連れ出しました。でも、この会場は通路での観劇は禁止されてるらしく、係員に外へ出ろと閉め出されることに、、、。通路では落ち着いて母に抱っこされていたSHOさんですが、仕方がなくロビーへ。でも、中へ入るといってきかないので、静かにしてよねと言い聞かせ、タイミングよく座席へ戻りましたが、もうスカーは舞台から消えておりました。ま、母は何度も観てるんで、いいんですけど。
a0048361_13435877.jpg  SHOさんは最後にシャカをしながら歓声に応えるキャストたちを、嬉しそうに拍手で送っておりました。何度か「ダディー!」と叫びましたが、泣くこともなく周りには迷惑かからなかったかな。ま、これなら上出来! 観客が笑うシーンにつられて笑ったりしてたし、本人もそれなりに楽しんでくれたようです。母、ほっとしましたよ。でも、言葉がわかるようになると、もっともっと楽しいだろうからねー。これからSHOさんと一緒に色んな舞台を観に行きたいなぁ〜。
劇場ではねだらなかったおやつでしたが、さすがに帰りの車の中でせがみだしました。久しぶりに与えてしまったクッキーのせいか、興奮冷めきれないのか、レストランでハイテンション。砂糖効果は恐ろしくSHOを変化させました。今後は、もうクッキーが与えられません。せんべいを探さねば!新しいボディースーツを試着する時も、お店をぐるぐる回って大変。でも、本人は嬉しそうにレジまで離さず掴んでいたので、翌日は早速海へ。なかなかサイズがピッタリくるのが見つからず、背の割には横が細いし、このスーツはブカブカだと意味がないので、仕方なく2Tを購入し、2枚重ねで着せることに。これがよかったのか、海にいたがる時間がかなり長くなりました。
 今夜の夢は、ライオンなのか、ブギーボードの夢なのか。いい夢みろよ〜。
[PR]

がたがたがた、、、、

 ニュースで言ってましたね、アメリカで従来の咳止めやら解熱剤を乳幼児に使うのは禁止になるって話。あまりにもタイムリー(↓ナチュロパシーやホメオパシーの話の後)だったので、昨日ご飯を食べに行く車の中のラジオにMと二人で目を丸くしてしまいました。
a0048361_1650257.jpg 今週は、息子と二人で水族館へ行きました。まぁ、何度も回るわけですが、「NEMO」で覚えたクラゲのダンスの真似をしたり、教えてもないパネルタッチの使い方をいつの間にかマスターして魚の図鑑をみていたり、ミニシアターで「フィッシュー」「ウェーブ〜」と、叫んで笑われたりとまぁ、満喫してくれているようです。ヤドカリを触れるコーナの係員には、積極的に触ろうとするんで顔を覚えられてるみたいですけどね。水族館での休憩中、生野菜のレタスもサンドイッチなら食べれるようになりました。
a0048361_1651465.jpg あと、夕飯後息子とMが二人で映画に行きました。アニメのRatatouille。Mは大変満足そうで、一緒にまた行こうと言ってましたが、やはり110分の映画にじっと座ってはいなかったよう、、、。やはりサーフムービーじゃないと、駄目なのか、、、。そんなSHOさんは、明日とうとうミュージカルデビューなんですけどね。はぁ〜、最近お友達に借りているLKのDVDをずっと見せるようにしてるんですが、あまり長く観てくれない、、、最後には「トトロ〜」と言われて、「トトロ」なら最後までじっとみてるんです。あ、あと「NEMO」も。っくー、非常に危ぶまれる明日のマチネ、、、。母、ドキドキで眠れません。-----というのも、母も今日一日、色々あったんです。里帰りのチケットで少しエージェントともめたりして、もうぐったり。
 そこで、日本の母と叔母へのお土産になる「パウスカート」作りを、コツコツ始めました。実は、彼女たち、日本でフラダンス習ってるんです。そこで、お揃いの柄で色違いの生地をゲットして、これまたアン君ママにご教授いただいたり、ネットで調べたりしてミシンかけてます。
 久しぶりのミシン。いつだったかな、最後に使ったの。がたがたがた、、、と想像以上に大きい音がしますが、昼寝中や今はもう就寝中のSHOさんには聞こえないみたいです。さすがに眠りが深いとみた。それもそのはず、昨日はトーマステーブルの無くなったモールの本屋さんでお昼寝するタイミングを失い、晩ご飯を食べに行った帰りに買い物に付き合わされ、寝るタイミングを再び失い、結局いつもと同じ時間に泣きべそになりながら寝たもんですからね。まだ放っておくと3時間昼寝するSHOさんが昼寝なしになったのは、ほんと、久しぶりのことです。お陰で夜中は夜泣きもありましたが、、、、泣。今夜は、しっかり眠っておくれ、息子よ。そして明日はさっさと昼寝してもらうよ〜。
[PR]

ナチュロパシー

 今日はMの誕生日。朝からDHでサーフィンしてお友達と朝ご飯食べた後、SHOの新しいDrの初診に行ってきました。SHOの主治医は産まれた時からお世話になってる日本人のDrですが、今日訪ねたのはNaturopathicのDr.U。Mもファミリードクターとは別に、ずっとお世話になっています。でも、私はDr.Uに対面するのが初めて。Mの苦しいダイエットもこの先生の指示とあって、私にとっては敵のような相手なのですが、Mの調子がいいのもこの先生のお陰。それに、風邪の流行る季節の前に、何度も風邪薬を与えたくなかったので、早速息子のアポをとりました。
a0048361_9431651.jpg このNaturopathicというのは、西洋医学で多く用いられる投薬治療とは違う「自然療法学」と言われるようなもの。自然なものを使いながら、健康増進とか病気の予防とかをする「食育」と「東洋医学」を足したような治療法に基づいています。初診には1時間以上もの時間をかけ、ゆっくりSHOの性格や行動を分析し、父母の質問にもとても丁寧に応えてくれました。このDr.U自身、お母さんを日本人に持つハッパボーイ。言語スキルから、母の気になっていたドライスキンや教室でのハイパーぶり、歯科治療、食事法etc、まで色々相談にのってもらえました。本人もとても先生に好意的で、いつもは嫌がる耳鼻チェックや心肺音も、笑顔で対応できるから不思議。Drからも、とてもポジティブな意見を貰えました。
 そのSHOさんへの今の課題は、砂糖の摂取を控えること。小柄な体格だったので100%ジュースをかなりのタイミングで与えていたのもハイパーになる原因かも。息子はとても糖分に敏感な体質のような気がします。今思い起こせば、ケーキを食べた時には、恐ろしいほどハイだったし、、、。今後は、できるだけ麦茶や豆乳中心の生活に戻すよう、お手軽なジュースパックじゃなく、水筒も忘れず持って外へ出るようにします。消化機能もだいぶ発達してきたので糖分の高い白米から、Mと同じ玄米食に切り替えることにしました。(あぁ〜、まだまだ白米党の母にとって、唯一の友を失った心境〜) 本人は、ふりかけさえあれば玄米も気にしないので、「身体に良いものを」が基本のSHOさんのため、毎日美味しい玄米(M仕様は玄米と玄米餅米のミックス)を炊かせてもらいます。
[PR]
by mamaokapi | 2007-10-07 12:07 | 今日のSHO

29ヶ月を迎えて、、、

 早いもんです、今日でSHOさん、29ヶ月を迎えました。
 食いっぷりは相変わらずです。お箸使いはまだまだですが、スプーンで自分で食べたがる時期絶好調で、母は、相変わらずハラハラドキドキの食卓です。ここで一筆、寝付きもかなりよくなってきました。時々悪夢にうなされるみたいで夜中に悲鳴を出す事がありますけれども、随分父母の安眠も守られてます。
 食う、寝るときたら、やっぱり遊ぶ、、、。最近は、とにかく走るのが好きで、家中走り回ってます。(ちょっと外へ連れていけよ、、、って声が聞こえそうですが)
 部屋の対角線をみつけて長距離を端から端まで、奇声をあげながら走ります。でも、必ず終点は母なんですが、、、。キッチンに立つ時は、お尻がターゲット。母の尻めがけて突進してきます。最近アンパンマンをみていないのに、パンチもお得意。何度、母の目が狙われたことか。相手がやられると痛いということを、わかっているから父母のみ限定でやるのかどうかは定かじゃないですが、やられるのは、母の確率が高いです。父曰く、「ソファで寝っ転がってるからやられるんだ」と。食後に夫がソファでごろんとなって動かないのに不満ぷりぷりの奥様の心境がわかるんですって、M。
 とにかく、大声あげるのも得意だし、派手なアクション好きなので、友達のママからはアクションクラブって言われてます 笑。こうやってエネルギーを発散してるんでしょうか。
a0048361_9415142.jpg  それと、ワンマンショーが好きで、マイクを片手に歌と踊りを披露してくれます。曲が終了する度に、拍手を要求するSHOさん。将来大物になれよ。
「きらきら星」が好きで、「ほっしー、きらきらー、ムーン〜」と自作の歌詞で熱唱です。そろそろ歌詞を覚えてくれてもいいんですが、、、。あと、「幸せなら手を叩こう」は、「ヘイヘイ!」と相づちを入れるのがお好きのようです。ムードが高まるとステージを走り回るのがSHO流。なんせ、このカラオケマイクが、再びブームのSHOさん。今度、里帰りしたらカラオケ連れていってあげよかな、、、。
a0048361_950281.jpg 挨拶の言葉を発するのが苦手のSHOさん、いつも一語ずつ区切って練習しています。ようやく「い、た、だ、き、ます」や「ご、ち、そう、さま、で、した」が自分一人で言え始めました。けれども、「ありがとう」と「ごめんなさい」は、お辞儀だけ、、、。難しいのかなぁ、日本語。日本語担当の母としては、せめてこれくらいの挨拶は言えるようにしたいんですが。「Hello」「Hi」は英語で言えるんだけどもなぁ。
 最近、朝夜が涼しく感じられるハワイです。今のうちにしっかりと海で遊ばせておかねば。週末には新しいSHOさんトレーニング用のブギーボードを入手予定。しっかり戯れてもらいましょうか。
 P.S.トイレトレーニングは、相変わらず。初めてGSで自らトイレへ行きたがり、成功したんですが、その日の夕方、調子にのった母がパンツはかせてアラモアナSCへ行くと、20分でおもらし。やはり興奮すると、まだまだコントロールが効かないみたいです。う○ちだけは、事後報告が定着してきたんだけどもね、、、。
[PR]
by mamaokapi | 2007-10-06 10:07 | 今日のSHO

そんなところじゃなくても、、、

 SHOの手足や顔とか性格やら、やっぱりM似だなぁってずっと思ってたんですが。
 今日は、何度も母にパンチを食らわすので久しぶりにタイムアウト。1度目のタイムアウトは年齢と同じく2分で切り上げ、ちゃんと「ごめんなさい」のお辞儀だけさせて開放されたSHOさんなのですが、2度目のタイムアウト。父は電話中、母は食器洗いをしていたのでしばし放置。5分位ずっと部屋で泣き続けてて、とうとう父が電話を切り対処したんですが、なんとも頑固。「ごめんなさいは?」と聞いても首を横に向けて決して謝ろうとはしません。「あれだけ泣いたのに、何もしないそっちが悪いんだ」って顔して、意地の張りっぱなし。
 M曰く、「けんかした時の君そっくりだね、、、。」 母、返す言葉なし。
 だって、本当にその通りなんですから、、、あの意地の強さは私譲りかも。っくー、悔しい〜!!
 Mは、私の里帰り中にハワイ島とカウアイ島へ行くチケットを取りました。サーフトリップだそうです。今なら片道$19ってのをやってるのよね、今日までの締め切りで。3週のうち2週末はバケーションよぉ、、、。ま、子なし嫁なしで、本当に羽伸ばしてくれることでしょう。
a0048361_157529.jpg
 最近、朝食時に毎日現れるレインボー。右側のコンドが真ん中を遮ってるけれども、同じ時間帯に現れるもんだから、SHOは食べながら「ボーボー」と言いながら待ってます。今日も一日5食。ここんところ、上にも横にも随分大きくなってきたみたい。いつものストローラが小さく見えた今日でした。
[PR]
by mamaokapi | 2007-10-04 15:04 | 今日のSHO