「ほっ」と。キャンペーン

mamaokapi in hawaii

<   2009年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

頑張ってます。

a0048361_61587.jpg そろそろ新しいクラスに慣れてきて、学校へ行くのに不満をもらさなくなってきました。なんせ新しい事を親に色々伝えたいらしく、お迎えに行くと20分くらいクラスルームのツアーをしてくれるSHOさんです。
 暑い夏のせいか、父が早朝行く波乗りのせいか、波と父のコンディションを聞いては海を眺めてます。「ビーチいこうか。」が口癖。海に行けない時は、駐車場までの往復は、スケートボードで波乗りがわり。
 水泳はまだ息継ぎが難しいみたいです。背泳スタイルは、15秒くらい浮いていられるようになったんですけどね。父のボードをみると、飛びついて乗りにいきます。だから、家でもこんな感じ。ベットに付属でついてるトンネルを波にみたてて「見てー!」って言われた時は、父母も驚きました。子供の想像力って、凄い。

 来週から2週間、M2Familyは、ワイオミング州にあるイエローストーン国立公園へ夏旅行へ出かけます。いつか母が行きたい場所の一つで、そこでハワイに越してきたお友達が結婚式を挙げるのでお誘いがかかりました。春に日本へ行ったばっかりで躊躇してたのですが、M父が母にも息子にも、是非見せたい場所だしこれはチャンス!と、オレゴンのおじぃとプランをたて始めました。なんせ、父とおじぃも大好きな場所らしく、これまた母初のキャンピングカーでの移動!ますますM父のアメリカを感じる旅になりそう。どうせ母のためになら、タックス0%のオレゴンショッピングツアーをどんと組み込んでくれる方が嬉しいのですが、ここは母も大人になりまして、家族でワイルドライフを楽しむ旅と割り切って行って参ります。
 記憶もしっかりついてきた4歳の息子には、プロのキャンパー父親子の背中をみて色んな事を学んで欲しいし、ハワイではみれないアメリカのロッキー山脈の大自然を楽しんでもらいたいです。(M父もSHOと同じ年頃に、家族でキャンプ旅行をした記憶をしっかり覚えているようで)既にバッファローとか狼とか、毎夜のようにYouTubeでM父と予習をしているSHOさんですから、1ヶ月位前からプリの先生に色々旅行の事を話しているようです。たまたまクラスの今月のアクティビティテーマが「夏のキャンプ」だけあって、同時に学校でも学習しているようで、本人はノリノリ。「マシュマロを食べなきゃね。」なんて、しっかりそういうところまで習ってきているようで。通学のBGMはWee Sing in the carで、これが意外とアメリカ童謡を勉強できて父には懐かしく、母には勉強にもなってます。もちろん、このCDも長い車の旅のお供となります。
 日本からのゲストウィーク後半の今は、同い年のS君がママと来ハで、海と夜の動物園をご一緒させてもらいました。同い年の男の子の日本語を少しは吸収してくれたんでしょうか。殆ど戦いばかりで、動物園でのジェイクのコンサートは殆ど耳にしていなかった息子。エアギターは興味あるんですけどねぇ。
[PR]
by mamaokapi | 2009-07-29 06:08 | 今日のSHO

海を楽しむ週末。

a0048361_5431550.jpg 土曜日。小雨のシャワーがみられるホノルル。早朝から車を北東に走らせ、カネオへへ。目的地は「ココナッツアイランド」。ここは、M父が幼き頃に観ていたTV番組「Gilligan's Island」の舞台になった島だとか。今は海洋学研究のためのプライベートの島になっているんですが、ここでお友達のイベントに招待されたので、小型船に乗って島へ渡ってみました。
a0048361_5434261.jpga0048361_5444854.jpg 隔離されている島だけあって、アリもみたことないよな大きさで。母、びっくり。
 海の中にみえる珊瑚に、魚に興奮のSHOさん。
 帰りは潮吹き岩に立ち通って、沢山の海をみてタウンに戻ってきました。
 
 日曜日。今度は車は北西です。目的地は「ワイメア湾」。
 冬場は世界有数の高波が押し寄せるビーチですが、夏場は透き通ったエメラルドグリーンの海が静かに漂います。母は冬場に一度、ここで洗濯機のような旋回する波にのまれたことがあります。(ちょっとトラウマ)
 今回はここでUncle Peter杯の2009 Water Surf Poloのトーナメントがあったんです。
 Surf Polo というのは、サーフボードを使った水球競技。父所属のSurf Rider Foundationチームも先週初めて練習して、この日に望みました。参加チームには消防署チーム、ライフガードチーム等、ムキムキのUnclesが沢山。そんな中、父チームも健闘しましたョ。
a0048361_5351876.jpg
 息子はキラキラの海から離れたがらず、岩場で水中マスクで色んな魚をみては、嬉しそうに話をしてくれました。そして何十頭もいるイルカの群れにも遭遇!何度もスピンしては飛び跳ねる競演を肉眼でもしっかり観る事ができましたよ。近くでシュノーケルしてた人は興奮してました。ライフガードもさすがにあまり近づいかないようにと警告してましたけど。
a0048361_536835.jpg そして、家族全員パドルサーフィンにも挑戦!ボードがかなり大きいので安定していますが、風や波が強いと、なかなか舵取りが難しいです。この日は風もなかったので、気づけばかなり沖まで進んでしまいました。SHOは父のパドルに寝そべってましたけどね。お陰で母もコンガリ、ヒリヒリ。益々、手足が地黒化へ。でも、今日はさすがにアラフォーの顔もピリピリ、ホカホカ。

a0048361_5344483.jpg
 そして、お昼寝時間も過ぎたので途中で退散し、帰り道にはパールリッジショッピングセンターのGiant Insect Safariへ。眠い目を見開いて、早速アッパータウンにあるツアー列車に乗り込みました。とても細かい所まで良く出来た虫達です。ダウンタウンはモノレールに乗って。「モンキーポットが小さく見えるねぇ。」と、ハワイならではの発言も。「いつもは落ちてるお花が、今日は上から眺めれるねぇ。」と母も返します。
 お店はアッパータウンの方が断然多いので、虫の数もこっちの方が多いですかね。
 この日はワゴンセールもあって、大賑わい。母も、少しショッピングを楽しみました。
 車を停めたアッパータウンへモノレールで戻って(子供は5歳までは無料)そのまま駐車場へ足を進めると、息子は泣き出す始末。お昼寝が短かったせいもあってか、不機嫌のSHOさんでした。
 
 みんなお肌はピリピリですが、たっぷりハワイを楽しんだ週末でした。
[PR]

50ヶ月を迎えて、、、

 ををを!50ヶ月突入!

 SHOさん。すくすく成長中です。最近、マンゴーが好きになりました。スイカ以来のヒットです。(他のフルーツ興味なし)
 毎日、同じような洋服ばかり着るので、ふとタンスにしまってある大きめサイズの洋服を取り出すと、意外と着れちゃいました。相変わらず洋服の好みが厳しいですが、最近は母のオダテもレベルをあげました。これで少しはバラエティにとんでくれますか、、、。
 
a0048361_4214985.jpg
a0048361_422161.jpg
a0048361_4223580.jpga0048361_422586.jpg


























a0048361_4321717.jpg なんとか学校も落ち着いてきたみたいです。新しいクラスには畑があって、そこで虫やその卵を探したりして、毎日忙しいようです。先生も、息子は殆どその畑にいるって言ってました。笑。
 これは学校で描いてきた絵ですが、「太陽が2つあるほど、日差しの眩しい日に、母がサメに襲われそうになってる所を、ジェットスキーに乗って息子がレスキューに向かってる様子」だそうです。ピックアップした時に、手をところどころ赤くして、嬉しそうに見せてくれました。想像力が恐ろしいほどたくましいです、最近。
 
a0048361_424563.jpg 食用のアサリを観察するSHO さん。ばぁばの家でみたように、勢いよく水を吹き出す様子は見れずに、少しがっかり。これを酒蒸しにしたら、殆ど食べきりました。甲殻類は、相変わらず好きみたいです。
 日本に居た時から感じていたんですが、道順をよく覚えています。「この道は、○○へ行く時に通ったねぇ。」って。退屈しのぎに車窓からじっくり観察してるんでしょか。
 最近は体力が有り余っているらしく、父とのレスリングも楽しそう。
 また「かまって、かまって〜」病が始まったSHOさんに、夏休みの母はじっくりお付き合いなのでした。
[PR]
by mamaokapi | 2009-07-10 05:12 | 今日のSHO

新しいクラス

 先週の月曜日から、クラスメートの男の子1人と一緒に大きいお兄ちゃんのクラスへ移動となったSHOさん。
 いつも一緒に遊ぶ仲良しのお友達と離れて、新しい先生のお兄ちゃん扱いの対応に少し戸惑いがある様子。とはいえ、登園時には色んなお友達が手をとって迎えてくれるので、そのまま父は笑顔で送るようですが。
 母が行くピックアップの時は、少しまだ馴染めない様子に少し戸惑う息子の影が見えます。
 父はいつも「これも訓練。後は本人次第さ。」と気楽に言うけど、母はちょっと閉口。
 とある記事をみつけました。

 【日本の保育園・幼稚園のスタッフは、新しく入った園児に対してより多く声を掛け、新しい環境に慣れてもらうよう特別な配慮・努力をするという考え方が一般的です。もちろん米国の場合も、新しい園児に配慮しますが、日本と比較すると十分ではないと感じる保護者が多いようです。
アメリカでは幼いうちから自分で環境に適応していく能力を身に付けてほしいという願いで、新しく入った園児に対しても目立った配慮は期待できません。この教育方針の違いを理解しないで参加してしまうと、「ここのプリスクールのスタッフは不親切だ」などと誤解してしまう人もいます。自立心についての考えを理解した上で入園を検討してください。】
 
 なるほど。アメリカ人のこういう考えって、確かにあるかも。添い寝を早くから止めるってんで、びっくりしたんですよね。
 3連休の朝は、毎朝「今日、学校Closeね!」と嬉しそう。明けの月曜日は、さすがにカウントしただけあってか連休の終わりを悟り、元気に出かけていきましたが、、、。

 8月がくれば、キンダーガーデンも始まり、大きいお兄ちゃん達はクラスからいなくなり、同い年のお子が揃うわけですし。そうなれば、馴染みのお友達も増えて、一緒に色んな事を学んでいくでしょうから。ここは、やはり「たくましく育って欲しい〜」と背中を見守っていこうと思います。
[PR]
by mamaokapi | 2009-07-06 10:23 | 今日のSHO

独立記念日3連休

a0048361_837124.jpg 今年は独立記念日が土曜日なので、金曜日から3連休です。
 前日の金曜日はアロハタワーで花火があがるとかで、マ○キの丘頂上付近にあるお家にお邪魔して、上からの花火を眺めたM2一家です。SHOと同い年のお友達のお家のペットは、我が家の男衆が大好きなジャクソンカメレオン。お庭でみつけたそうな、、、。息子から「欲しい〜!」って言われなくて、ほんと良かった母。
 でも、この日はSHOさん、好奇心がありすぎて、お庭の池の水面を泳ぐカエルを捕まえようとして、池に落ちるハプニングが。うまく、顔だけはつけずに回転して落ちてくれたものの、どっぷり泥水まみれでした。
a0048361_839478.jpg 独立記念日当日は、みんなで久しぶりの水族館へ。父と息子、母と息子といったパターンで訪れる事が多かった水族館ですが、久しぶりに家族で。更に息子は魚の名前を沢山言えるようになってました。走り回るよりも、観察する時間が長くなったのは、嬉しい限りね。そのうち、解説モニターを聴くようになると、日本語借りるのかしら、それとも英語?

 水族館入り口で毎回同じサメのスタンプを腕に押してもらい、終日「シャークタトゥーよ!」と嬉しそうでした。
 屋外のやどかりコーナも慣れたもの。色んな大きさのやどかりたちを、何度も小さい手のひらに乗せて、あれこれ観察していました。

 ランチはお寿司とアサイボウルを食べたら、お昼寝。

 そして、ハワイで初めて?手持ちの花火を体験しました。日本でやったのを思い出した様子。その後、打ち上げ花火の競演を沢山のUncles & Auntiesと一緒に眺めて、いつものホットドック食べて、部屋中のおもちゃをひっくり返して、真夜中まで宴が続きました。まぁ、お友達が来たらおもちゃ箱をひっくり返すのは常なのですが、今回は同い年の男の子と二人っきりだったので、シーツをかぶってお化けごっこして家中をさまよったりと少し遊び方が進化してましたね。部屋を占領しているウォッシャーの入ってた空き箱が息子の秘密の隠れ家なのですが、気に入った雑誌の切り抜きや彼自身のアートをあれこれその壁に飾っているようです。作品は単色使いから多色使いのアートになり、絵の具で遊んだのと同じように、クレヨンで色を重ねて、色が変わるのを理解して絵を描くようになりました。こういうのをみると、もっと絵の具を使わせるべきかなぁって思うんですけど、母の許可がなかなかおりないのよねぇ。
a0048361_6214751.jpg a0048361_6222368.jpg
 連休最終日は、お友達が滞在してるワイキキホテルとダイアモンドヘッドビーチへ。 
 学校が休みなのが、嬉しくてしようがないみたいなSHO さんです。このことについては、また後日、特記しなくては。
 
 この日の夕焼けは荘厳でした。紫からオレンジに染まって、最後は山の上が真っ赤に噴火している火山を思わせるよな光景。風も強くて、近所で凧あげしてたSHOですが、かなりの勢いで舞い上がって最後は凧もかわいそな型に。スケートボードで遊んで、お腹すかせて家に戻ってきました。

 さぁ、明日からまた夏の一週間が始まります。
[PR]