mamaokapi in hawaii

<   2009年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

51ヶ月を迎えて、、、

a0048361_253949.jpg 少々遅れましたが、旅の途中に51ヶ月を迎えたSHOさんのレポートです。

 とうとう「なんで?」問答を繰り返す日々を送ることとなりました。思い出すと「なんでレコード」のスイッチがオン。母も思わず4歳児相手にムキになってしまいます。我慢、がまん。
 母、ともしびの火になりつつも、日本語の会話を続けております。先週、息子のプリが5連休で(これが夏休み?)半分は母がお相手。朝からビーチへ連れ出し、一生懸命体力消耗を試みました。が、4歳児の相手って、本当に疲労困憊。改めてお友達と過ごしてくれるプリの存在をありがたく感じました。
 夏休みの間、お休みしていた七田のメイクアップも重なり、母との日本語に触れる時間が少しはあったせいか、かろうじて繋いでおりまする。

a0048361_253383.jpg 海水の温度がまだ温かいので、水に浸かる時間も多く、水泳の練習も頑張ってるみたいです。先日、ハナウマへ行った時に水中マスクをつけて父の背中に乗り、水深50cmくらい潜ったのを見かけた時は、母もヒヤリとしましたが、沢山の魚をみることに必死で平気だったよう。今は、父と潮の満干について話すのがブームのようです。

 父の自転車の後部につけるチャイルドシートをゲットし、父とのバイクライドも楽しんでる様子。これで学校へ行く日を楽しみにしているんですが、早起きしないと無理なので未だ実現せず 笑。いつになるんだろうねぇ。

 歯科検診でも問題なしとのこと。フッ素入り歯磨き粉、ちゃんと練習させねば。未だに歯磨きの途中で飲んでしまう息子。なんせ、仕上げ磨きも集中せずに喋り倒そうとしますんで、、、。笑。
 写真達は、週末のビーチクリーンにて。「海のポリューションよ〜。」と、せっせとタバコの吸い殻やフォーク、ビールの瓶のフタを集めておりました。次の世代を担う子供達が、こうして理解してくれることに、母は小さい灯火を感じます。恥ずかしくないように、もっと大人たちが考えなければなんですけどね。 
 
[PR]
by mamaokapi | 2009-08-27 05:58 | 今日のSHO

夏休み2009 Part3

a0048361_1303955.jpg 予定ではEugeneまで戻り、ここでOjiiと別れて飛行機でPortlandへ向かう予定だったのですが、フライトをキャンセルしてOjiiにPortlandまで走ってもらうことに。折角だから、コロンビア川を見ながら帰ろうとワシントン州とオレゴン州の境を回って、途中は温泉めぐりをして帰ることにしました。
 モンタナ州の端っこにある秘境のようなLoLo Hot Springsは、天然温泉のプールがありました。SHOさん、はしゃぎまくりでプールから飛び込みまくってました。母も、ゆったり温かいお湯に浸かって嬉しかったです。先の川で泳ぐってのも想像してなかったですが、水着は必須ですね。次の日のキャンプ場にも室内プールがあって、身体中たっぷり水分補給出来たM2一家です。スィートオニオンのWallaWallaを昼寝中に通り抜け、いよいよ巨大な川とご対面。オレゴン州に入ると、どんどん緑が深くなってきます。このColumbia Gorgeでは、カイトサーフィンやウィンドサーフィンを楽しむ人で大賑わい。
a0048361_130148.jpga0048361_1305543.jpg
a0048361_131131.jpg
a0048361_1313299.jpg
a0048361_132019.jpg
a0048361_132193.jpg
a0048361_1323762.jpg
a0048361_1325850.jpg そして、最終日のCascade Locksキャンプ場でもプールとレンタルバイクを楽しみました。空が高くて、緑がきれい。森の中にあるキャンプ場には、野生のベリーも沢山。こんなに簡単に採れるんだもの、価格がハワイの1/4ってのもうなずけるわね。みんな家族や友達と焚き火に椅子を囲んで、のんびりお喋りしたりご飯を作って、涼しい夏を楽しんでいます。なんか、いいなぁ、こういうの。
 そして一行は Bonneville Damで魚のふ化場を見学したり、虹鱒やチョウザメの養殖所に足を運び、SHOさんは再び三平になって目を輝かせていました。でも、この頃から少しお腹を壊したようで、天然温泉のプールではしゃぎ過ぎたのが原因?かと母は思うのですが、、、。最後の滝の見納めはBridal Veil Fallsで。繊細に降り注ぐ滝のしずくをみて、心身共にマイナスイオンをたっぷり吸収。そしてポートランド空港の近くのホテルでOjiiとお別れしました。その後は電車に乗ってダウンタウンへ。母のお買い物に時間を作ってくれたのですが、最初のお店Victoria Secretから出てきた母の背中でSHOさん嘔吐。モールのセキュリティのおじさんが親切に助けてくれました。が、これでスッキリしたのか、久しぶりのお寿司を食べて元気を取り戻したSHOさん。大事をとって早めにホテルへ戻ってきたのですが、プールをみつけて他のお子達と最後まで水と戯れておりました。写真はSHOさんのこの旅でみつけた宝物。松ぼっくりだけはハワイに持って帰れませんでしたが、今でも嬉しそうに旅の話しをしています。たっぷりの英語と大自然に触れた夏休みは終わりましたが、ハワイの蒼い海につかる週末は再開です。ハナウマ湾でくったくなく泳ぐカラフルな魚達は、また違った意味で母に色々な想いを投げかけてくれます。息子だけではなく、家族みんなが夫々に新しいものを感じ、成長した夏休みであったと信じています。
 
[PR]
by mamaokapi | 2009-08-23 13:03 | 今日のSHO

夏休み2009 Part2

 クマも出てくるっていうキャンプ場。shoshoneで2泊して、みんなでハイキングに出かけました。父はディスクゴルフもやりましたョ。SHOは、ハワイでは見れない野生のヘビを見つけて驚き(1匹は川の中を泳いでくれました)、キャンプ場に住むリスたちを追っかけっこしてました。そして、イエローストーンへ再び帰還。途中、きれいな花畑やグランドキャニオン、雄大な滝も見れました。
 勢いよく吹き上がるOld Faithfulの間欠泉や、West thumb、Mad volcanoなどのカラフルな温泉たち。キャンプ場を変えて、回れるだけの温泉めぐりや川泳ぎもやりました。しかし、よく、歩いた、、、ね。 

a0048361_1219964.jpg
a0048361_12193691.jpg
a0048361_12203358.jpg
a0048361_1221640.jpg
a0048361_12214929.jpg
a0048361_12222694.jpg
a0048361_12233668.jpg
a0048361_1224667.jpg
a0048361_1224368.jpg
a0048361_12251332.jpg
a0048361_1226189.jpg
a0048361_12262143.jpg
a0048361_12264344.jpg
a0048361_12271146.jpg

 途中、小さなトルネードにも遭遇。目の前を通過して、Ojiiの帽子が飛ばされました。息子は言葉は知っていたものの、本物に会えるとは!母も興奮しましたョ。父、ナイスショットです。
[PR]
by mamaokapi | 2009-08-23 12:48 | 今日のSHO

夏休み2009 Part1

 湖付近のキャンプ場で初日を迎えました。各所にあるキャンプ場はほぼ満員。夏休みは早めの予約が必須です。この日のキャンプ場は収容人数がかなり多いため、施設も多く2件のレストランがあり、こちらも予約のみで一杯でした。(予約してくれたM父に感謝!) 結婚式に参加するお友達とも合流して、みんなでバッファローのミートローフだの、虹鱒のソテーを美味しいお酒と一緒に頂きました。今回の旅は、お酒もお料理も本当に美味しいし、お安い! スーパーで値札を見る度に驚きの連続。半値はもちろん、果物なら1/4ってのも、ざら。日本の里帰りでは買い物感覚が麻痺してましたが、メインランドだと全く同じ商品を目にするわけで、如何にハワイの物価が高いかを思い知らされた気が。
 気温は昼間は15度くらいですが、夜は4度程に下がります。が、前回の里帰りほど寒さを感じなかったのは何故に?相変わらずSHOさんはブランケットなしでもしっかり眠っておりました。

a0048361_4495087.jpg 翌日は南にある別の国立公園「グランドティトン国立公園」へ。凹凸の激しい北アメリカでは最も美しい山とも言われています。
 この日の夕方には、結婚式のレセプションに隣の公園に行かなければならなかったので、ここでランチ。レストランは湖畔の側にあって、木のぬくもりが感じられる優しい空間を作ってました。山の景色を眺めながら、家族連れでも、みんなホッコリムード。出されたムースの型をしたバターやら、クレヨンたても微笑ましい。
a0048361_11255649.jpga0048361_11261791.jpg

a0048361_11282997.jpg
a0048361_112902.jpg


a0048361_1130143.jpg
a0048361_11311043.jpg
a0048361_11324968.jpg

 ティトンを後にしたらイエローストーンを通過して、これまたお隣のショショネ国立公園へ。ここのキャビンでお友達の結婚式のレセプションがありました。途中、本物のバッファローたちのパレードを目の前でみたり、エルフやヘラジカの群れにも遭遇しました。彼らが発見されると、公園内の一本道はたちまち渋滞となります。だから、渋滞の列を見かけると、そこには何か野生動物がいる証拠。それにしても迫力あったなぁ。

 お友達の結婚式は、広大な山のふもとで多くのお友達に祝福されて進められました。新婦の持つブーケも、朝摘みたてのワイルドフラワー。父母も、じーんと胸が熱くなって、、、。結婚式って、何度立ち会っても素敵ですね。

 SHOさんは、ワイオミング州の魚釣り許可を得たM父と一緒にフライフィッシングにも挑戦!ターゲットは、母には釣りキチ三平を思い出させる「虹鱒」です。なんと、一番に釣り上げたのはSHOさん。早速、父にさばいてもらいこの日のランチに。川魚はちょっと、、、の母も、新鮮さ故か、とても美味しかったんですヮ。とても誇らしそうでした。この日から旅の間ずっと、鱒の図鑑めいたものをじっと眺め続けておりました。
[PR]
by mamaokapi | 2009-08-21 15:27 | 今日のSHO

夏休み2009 序曲

a0048361_15124517.jpg ホノルル空港を正午に旅立ち、いきなり着陸、マウイへ。オレゴン州のポートランド空港への直行便は夜間飛行のみだったので、機内で眠れない母には地獄便。そこで夜中に到着するマウイ経由を利用しました。
 空港近くのホテルに到着したのは真夜中。それでもハワイ時間の息子のベットタイムなので、疲れも感じずそのまま就寝。朝は列車の汽笛で目を覚ましました。ポートランド空港のカフェで朝食。母はいきなりフレンチトースト。あぁ、美味しい、、、涙。
 一行はOjii(M父の父)に会うため、Eugeneまで一時間弱のフライト。Ojiiの笑顔と一緒に今回の旅の家、キャンピングカーが待ってくれてました。寝室、フルキッチン、バス、トイレはもちろん、BBQやピクニックセットもついてます。さながら四つ星ホテル並〜。初日はオレゴンの緑と滝に見とれながら道は東へ。初日はアウトレットモールの近くにあるRVキャンプ場でお泊まり。オレゴン州はお買い物税がかからない+アウトレットには母サイズの商品が沢山余ってる=母の目は血眼。今回の旅のお供となるグッズを買い込みました。
a0048361_15155165.jpg 二日目は時差変更線を超えてアイダホ州へ。「Ore(オレゴン&アイダホ)Ida」っていうポテト会社があるように、この辺りはジャガイモとヘイの畑のみ。何時間経っても同じような景色に遭遇します。巨大な畑には巨大なスプリンクラー。アメリカの広さを見せつけられたよな。絵本でみかける農場そのものの景色をみることができます。アイダホ州に入ると、これまた母の心をそそるよなショッピングセンターがいくつか見かけましたが、早めにキャンプイン。ずっとドライブだった息子にもプレイグランド付きのキャンプ場だったので、しっかり遊ばせてこの夜は、落雷ショーを遠目にみながらのディナーとなりました。息子、360度に見渡せる雷たちに大興奮。
a0048361_15245954.jpg
a0048361_15253995.jpga0048361_15255234.jpg




a0048361_15311350.jpg








 三日目はアイダホホール(滝)でランチをとって雁たちと戯れました。息子は巨大な鳥に目を丸くしてるのを観ながら「ニルスの不思議な旅」を思い出す母。
 そして、いよいよ目的地、ワイオミング州の「イエローストーン国立公園」へ足を踏み入れる事となります。
 ゲートを入ってすぐに、ヘラジカやリス達の歓迎を受ける一行。そして火山好きの息子殿にはたまらない、今でもアクティブな火山地帯でのバケーション。日本で言うなら北九州にある「地獄めぐり」の巨大バージョンを楽しみます。
[PR]
by mamaokapi | 2009-08-20 03:52 | 今日のSHO