mamaokapi in hawaii

<   2010年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

腰痛。

 母、年末ぎっくり腰か?と思う衝撃な腰痛に襲われ、倒れていた年末年始。
 そして、勧められたカイロプラクティックも効果なく、そこのお医者さんに指示されファミリードクターのところでX線を撮ってもらうことに。
 何やら、背骨が炎症起こしてるみたいで、様子見の2週間。
 血液検査の結果と再びX線を撮った結果。

 血液検査では、リウマチ等の前兆はみられなかったのですが、椎間板が炎症しているとのこと。
 手術までは考えたくないので、とりあえずPhysical therapy で治療することになりました。
 出産後に腰を痛めるお母さんは多いようですが、何年後かにドカってくる人もあるとか。

 私の場合、持病の膝もありますが、ほぼ車運転に切り替えてからの運動不足が原因かと思われます。
 こわいね。こわいね。

 やっぱり、適度な運動してくださいとドクターから言われて、ようやく動いた母であります。

 一方、今日の男衆は早朝から念願のココヘッドハイキングへ出かけて、お昼寝時間過ぎても戻ってきません。
 しっかり運動してますわ〜。
[PR]

つれづれ。

a0048361_15134694.jpga0048361_1514055.jpg

   
SHOさんの嫌いな物;暗闇。真っ暗の部屋にタイムアウトされる事を一番嫌ってます。
そして、、、
母のパックの顔。
遠くから「ママ〜、SHOくんのママなの〜?」と何度も声をかけてきます。
顔をみて、「ぎゃぁ〜〜〜!」と逃げてしまいます。
将来、絶対デートで遊園地のお化け屋敷には入れないね。

a0048361_151418100.jpga0048361_1514348.jpg

   
SHOさんの好きな物;ジャパンのお菓子。学校帰りに何か一つ持っていかないと、泣き崩れます。

最近、よく泣きます。思い通りにいかない事も多くって。涙も沢山出ます。
(でもね、社会で生きるって、こういうことなんだョ。)

大人になったら、簡単に涙も出せなくなるだろうから(男子だし)、今のうちたっぷり泣かせてあげようと思います。
辛いけどね〜、泣かれるのは。

そんなSHOさん、また中耳炎と風邪を患って、見事に母にパスしてくれて、彼は元気に学校行ってます。ナイスキャッチしてる場合じゃない、母。
[PR]
by mamaokapi | 2010-01-27 15:15 | 今日のSHO

遊び色々。

 年が明けて、SHOさんゴルフに益々興味を示すように。ま、何でも興味があるという方が正しいのだけども。ということで、ワイキキの室内3Dミニゴルフと、パールシティのジャングルミニゴルフに挑戦。
a0048361_6291985.jpg
a0048361_630255.jpg
 
 やはり大人と同等にプレイできるのが、とても嬉しいらしい。「I am good!!!」と、時折ミラクルショットをやるもんだから、ちょっとやらせてみようか?って気にもなる父。ま、ビギナーズラックよと、言いきる母であります。


a0048361_6331235.jpg
a0048361_6324619.jpg
 自転車乗りも冬場の遊びの一つ。アラモアナでお友達と競争しています。
 でも、やっぱり岩場が気になるのか、走り回った後は、ビーチチェックも欠かせません。
 そして、木登りやったり、紙飛行機を飛ばしたりと、たっぷり体力使ってくれました。
 この日は、午後からお友達のお誕生会もあったのですが、結局昼寝せずでしたね。
 a0048361_641413.jpga0048361_6412395.jpg
a0048361_6414784.jpg
 お誕生会はハワイカイで伸び伸びと、お外遊びを楽しみました。お兄ちゃん達に交じって、追いかけっこやってたけれど、やっぱりSHOさん、小柄ね。ま、小柄ながらも、たっぷりと楽しんでいたようで、メインのダックツアーは興奮して父母から離れて、お友達と仲良く座って水陸両用の車を満喫していました。やっぱり海に入ったボートが好き!?
 遠いラナイやモロカイ、マウイを眺める事ができるほど、お天気もよくて、母はクジラの潮吹きも観ることができました。青い海と空と、子供達の笑顔がとても眩しい一日でした。
[PR]
by mamaokapi | 2010-01-21 06:50 | 今日のSHO

56ヶ月を迎えて、、、

a0048361_918982.jpg

 SHOさん、56ヶ月。今年も元気にお正月を迎えることができました。
 ほんと、お喋りが止まらないで、機関銃のように喋りまくってます。言葉問わず、日本語も英語も。
 英語で聞いた話しを、日本語で得意そうに通訳してくれます。それでもって、耳もかなりよくなってきてる感じ。母は聞き取りづらい英語の歌も、リピート出来る所がこれまた憎い。また、かなり思い込みが激しい方で、間違ってるョというアドバイスは、一向に聞き分けてくれません。頑固なんです。とっても。

 そして、ここらあたりにきて日本語が花開きそぅ?
 お友達のお母さんから、「SHOくん、きれいな日本語使ってるね。」とか「日本語よく喋れるようになったんじゃない?!」とか。先日、ハワイに遊びにきてくれたYちゃんにも、百科事典を一枚ずつめくりながら、父に習った知ってる知識、イチからジュウを丁寧に日本語で説明していたそうです。
 年末の日本語の歌遊びがきっかけ?でか、むかーし一緒に歌った童謡も時々口ずさむようになりました。母、負けずに頑張ります!
 我が家に一週間程滞在していたM父友人Dにも、自分の知ってる事、観た事全てをその場で話したがり、全くシャイな部分が見えません。(気分によっては、昔のシャイなSHOさんになることもあるんですが、ごくまれに)言葉が発達するということは、性格の発達にも繋がっていくようですね。

 クリスマスが終わってから3週間ほどが経ち、未だに興奮しているギフトが日本からの水彩絵の具セットと、この百科事典。(なんだかインドア系)3代目になるラジコンカー(レーシングカー)もたまに遊んでいますが、こっちのは、そろそろ飽きそうです。さすが4歳児!
 同じ遊びといえば、ボードゲームにはまってます。もぉ、Uncles 達が遊びにきたら、一緒にやろうとしつこく誘ってます。(普段のお相手はM父です。)簡単な「すごろく」みたいなものから、単語を覚えて言い当てるゲームが主なもの。アナログですが、なかなかいい遊びです。

 そしてとうとう、お昼寝卒業の兆しが見えてきました。まだ完全ではありませんが、週末は一日昼寝なしで過ごす事も。学校では、「Open eyes やってたョ。」という日も。でも、週末は動く量が半端じゃないので、さすがに夕方になっても1時間程身体休めに眠りにつきますが。お昼寝なくなっちゃうと、お母さんはなんだか寂しくなります。大きくなっちゃうのよね、こうやって。

 初めてのペット、グッピーと、サプライズプラント(多分ひまわりと母は思う)を毎日眺めながら、今日も色んな事を吸収してる56ヶ月です。
[PR]
by mamaokapi | 2010-01-13 09:25 | 今日のSHO

初泳ぎ。

a0048361_13113585.jpg
 元旦の日も、ビーチへの我が家。

 初泳ぎは、母の腰も辛いので、ご近所のマジックアイランドへ。

 海の青さと空の青さがおんなじの、青いあおい一日でした。

 母は、のんびりビーチでそんな景色を眺めて静養してましたが、男衆は、また生き物観察に出かけたようで、、、。


a0048361_13105388.jpga0048361_13111739.jpg


 色々集まったみたいです。嬉しそう。

 この日は、ラグーンの半分くらいまで、孤独に水泳レッスンしてたSHOさん。
 どんどん遠くまでいっちゃうので、慌ててM父が止めにいってました。
 結構、一人で頑張るタイプなのね。
 
 ラグーンの入り口で熱帯魚を釣ってる人が沢山いましたが、無事リリースしてくれたんでしょか。と、Nemoを思い出してた母でした。

 出雲大社で初詣のあとは、紅白歌合戦をみました。
 SHOさん、「白組勝つね〜。BOYの方がかっこいいねぇ〜。」と少し興味持って眺めつつ、今年も和田アキ子さんを不思議そうにみつめ、一緒に「Let's sing a song 歌いましょう〜」と歌っておりました。
[PR]
by mamaokapi | 2010-01-04 13:17 | 今日のSHO

2009から2010へ!

 「明日の明日になって、2010になるよ〜♫」と嬉しそうにカレンダーの歌を歌って帰ってきていた息子。
 七田で慣れ親しんだ日本語の曜日歌は遥か彼方へ、プリで学んだ英語の曜日の歌を楽しそうに歌っていた大晦日。この日は、息子は甚平、母は着物を身にまとい、プリのクラスで日本語ショーをやりました。(真冬というのに、久しぶりの着物はあつかった!さすがに、足袋は履けませんでした。)ピンクの着物に「ママ、着物かわいいねぇ。プリンセスみたいョ」と嬉しいことを。恥ずかしそうにみんなの前で母を紹介してくれて、お気に入りの絵本や手遊び歌を紹介しました。いい思い出になったねぇ〜。
a0048361_11322983.jpg そして、その夜は母の腰痛の波で、ギリギリまで予定がたたなかったのですが、4歳児息子が一番楽しめるプランをと、2005年生まれの同い年男児3人が集まることになったカイムキのお家の年越しパーティに参加することに。この3人以外にも多くのロコキッズで賑わったお家ですが、子供同士で色々遊んでくれたので、とても助かりました。
 鬼ごっこやかくれんぼもやってたけど、やっぱりメインは花火です。
 お父さん達が持ち寄った恐ろしい数の花火たちが、次から次へと子供達によって点火されます。
 これが巨大なお線香観たいなのを使うんですが、ほんと手慣れたこと。
 毎週、ヒルトンの打ち上げ花火をみてるせい?日本への里帰りの度に経験してるせい?
 
a0048361_11325083.jpga0048361_11331362.jpg
a0048361_11335010.jpg 大人でも耳をふさぎたくなる爆音にも、全く恐れをみせない4歳児のSHOさん。
 自分で点火して、空き地へ放り投げる事、彼の言葉でいう「Hundreds!!」
 他の同年代のお友達は、耳栓してても室内に逃げちゃうのに、小学生のお兄ちゃんたちに交じってやってました。
 もちろん、こんな可愛い手持ち花火もね。
 途中降ってきたシャワーも負けず、水たまりに花火を近づけては、色々実験している様子。
 カウントダウンには、かなりスモークに見回れたご近所でしたが、第二弾の生ガキのBBQと御馴染みのシャンペンが用意され、母の腰痛もなんとかこの時まで持ちました。
 痛みがあったけど、元気で新年を迎えられて、本当よかったねぇ。
 
 翌日迎えた『お正月』も今年は理解できるらしく、鏡餅を眺めたり、お節料理やお雑煮も嬉しそうに食べてくれました。これは、鏡開き、ちゃんとやらないと、、、汗。
[PR]