「ほっ」と。キャンペーン

mamaokapi in hawaii

これって夜泣き?


 3ヶ月くらいまでのSHO は、夜中の授乳が1回くらいで、本当に親孝行な息子です~って自慢したいくらいのいい子ちゃんでした。が、しかし・・・。4ヶ月の誕生日を迎える前後から、何故か夜中は2,3時間おきに目を覚ますのです。それも、「ふぇ~ん」といった、少し苦しむような声で。

 最初は、よだれも多くなってきたし、歯が生えてくるから痛いのかもよ~って構えてましたが、まだ歯は生えてこず、これは何か環境が悪いのでは?と色々変化を試みました。
 ・毎朝のお風呂を寝る前にする。
 ・ブランケットを蹴飛ばしても大丈夫なように長袖のパジャマを着せる。
 ・眠る前は、あまり興奮させるような運動をさせない。
 ・しっかり乳を与える。
 ・なるべく風が吹き込まないように、室温を保つ。 などなど

 にしても、やっぱり目を覚ましてしまうSHO。で、いったん泣き始め、MがやさしいHugとロッキングチェアー作戦にでても、泣き虫度はアップするばかり、最後は真っ赤な顔になって泣きじゃくります。で、不思議なことにわたしが声をかければ、ある程度の泣き虫度であれば少しおさまります。
 昨夜は、わたしがお風呂に入ってるときに、事態は発生しました。そろそろ、SHOが泣くかもしれないから、どっちかが待機していようと、ちょうどMとバトンタッチをしてシャンプーに手をかけた時です。んー、どう考えても、わたしがREADYになるまでには5分はかかる。泣き虫度がアップしない間に、風呂場に連れてきてもらい、髪の毛を洗いながら声をかけます。 

 結局、わたしも一緒にFUTONベッドに横たわり、最終兵器の乳を与えて撃沈。たいてい、この乳で彼はまた夢の中に戻っていくんですけどもね。米人先輩ママ曰く、「成長期で夜中もお腹がすいてるんじゃないの?」だそうな。普通、日本じゃどんどん夜中の授乳回数が減るっていいますもんね。うちは、反対みたい。それとも、これが夜泣きってやつ?でも、うちの場合は、乳を与えると、すぐに眠るんですよね~。

 さてさて、昨日はグランパにいっぱい遊んでもらって、わたしは半年ぶりにMと一緒にマジックアイランドで泳ぎました。ここんところのお天気で寒いかなぁって思ったけれども、意外や意外。気持ちよかったです。あと少しで、一緒に海に入れるね、SHO。

[PR]
# by mamaokapi | 2005-10-27 04:13 | 今日のSHO

里帰り~準備編その1~



 来週の今日から、家族揃って2週間ばかりのバケーションです。行き先は、JAPAN!嬉しい両親♪ ハワイタイムに慣れているせいか、いや乳児を連れての旅行だからと言い訳つけて、なかなか日本でのプランがたてられません。日本にいるときは、「ここを行くには平日のこの日がいいからなんとか~」と、みっちりプランをたてるのが好きだったわたしも、「そっち行って適当に決めようか」に変貌しておりました。どうりで視力もアップするわけか。(関係ないし)

 SHO にとっては初旅行になります。で、いきなり飛行機という大人数が密室の空間を共にする乗り物で空を飛ぶこと9時間に挑戦させられ、時差っていうのも経験し、常夏しか知らない彼は初めての「初冬」のCOOLさを体感して、FUTONベッドとさよなら~よその家でお泊りを2週間以上試みるわけで。さすがに、彼のことについては、ちょっと準備が必要。そこでMとわたしはここ週末、お土産探しもともなって買い物ばかりに時間を費やしております。

 カーシートは日本で借りてもらったから、車の移動は安全。これ、米人のMの一番のポイント。 
 その他の移動はというと、ベビービョルンでMが担当と当初言ってたものの、少し体重も増えてきて、わたしたちが食事のときはバウンサーの上でさえも激しいダンスを繰り返し、食事にもならず手こずり始めてきた今日この頃、二人して「やっぱり、ストローラー要るかなぁ」とのつぶやき。

 うちの両親に相談したら、おばあちゃん曰く「ずっと私が抱いていてあげるわよ~」と、抱きたいモードが早くも全開で話にもならず、とにかくトラベル用のストローラを見に行ってきました。本では7ヶ月くらい(腰が据わって安定する頃)から使えますって書いてあったような気がするけれども、無理やり乗せてみました。・・・ん~。ベルトを最もきついレベルで締め付けると、何とか固定されてるし、冬服着せたらもっと余裕かも?っていう問題じゃなく。まだお座りが完璧じゃないので、やっぱり危ないかなぁ。あと一週間、待ってみよう・・・と、この一週間で腰が据わるという可能性はほぼ無いんだけれども、その場での購入は断念しました。これが、今一番の課題。軽量だとはいえ、なるべく荷物は増やしたくないんだよなぁ。

 冬服は、お友達からのお下がりをゲット。離乳食は、何も見つからなかったときのために「ブラウンライスシリアル」を持参と、もしものための粉ミルクパックと哺乳瓶一つ。ダイパーは日本で買ってみたいので少なめと、FUZZYBUNZを数枚。熱さましと体温計と移動用のブランケット。こんなもんかね?

 日本は何でもあるから、いざとなればあっちで買えるかぁ~と頭が他のお土産探しで一杯になったわたしの言い訳。何も知らないSHO は、ノースリーブのタンクで、今もバウンサーに揺られながら、自主トレの腹筋やってます。

 でもって、今日からMのパパがハワイにやってくる~!SHO よ。いっぱい、抱っこしてもらおうねー。でもって、ママは少しパッキングを進めることができるカナ?

[PR]
# by mamaokapi | 2005-10-26 04:43 | 今日のSHO

未だ出番待ちのクリブ



 SHO は、いつもFUTONベッドで眠ります。このFUTONベッドとは、日本の敷布団の2倍くらいの厚みがあるマットレスで、布団?と言われてもピンときませんが、これまた敷布団のように折り返しができるもので、折り返してソファーにも利用できるハワイでも結構ポピュラーな一品。(日本人以外は、ふーとーんと、発音しております)
 我が家もゲスト用のベッドとして利用していたのですが、ゲストルームが子供部屋になるので、いずれ誰かに引き取ってもらおうと思っていたこのFUTONベッド。SHO は予定日よりも早く産まれたため、ハワイ島のおばあちゃんに買ってもらったクリブ(赤ちゃん用のベッド)は、部品のリモデルも重なって我が家に到着したのが生後2ヶ月近くの頃でした。それまでは、わたしたちの寝室でバシネットで寝ていたのですが、クリブが到着したので、ここで眠ってね~と寝かしつけたところ、これがかなりの勢いで泣き叫び、拒否するんです・・・。何度試みても、この繰り返し。とうとうバシネットに身体が収まらなくなり、日本のおばあちゃんが帰国した後もまだ残っていたFUTONベッドに寝かせてみたところ、それがスヤスヤ寝ちゃう始末。
 買ってもらったクリブは、寝返り防止用の柵もついてて、これまた成長にいいと言われる高級マットレスをつけてもらったのに、出番なし。マットレスが固すぎるのか、それとも柵に囲まれるのが嫌なのか、原因不明のまま。取り付けたベッドメリーは、オシメ換えの時だけ活躍しております。  
 そして、リビングのソファでも、スヤスヤ状態の今日。嫌われてしまったクリブは、いつか役目を果たすぞと、ダイパーステーションと化したままSHOの部屋でひっそりたたずんでいます。
a0048361_9373957.jpg
今日は気分を変えて、リビングで。ゆらゆら揺れる優しい友達、椰子の木の麓でお昼寝中。

[PR]
# by mamaokapi | 2005-10-25 09:50 | 今日のSHO

Blog はじめまして・・・


 国際結婚、ハワイ暮らし・・に、そろそろ慣れてきたかなぁと思った2005年5月5日のBoy’s Day。長男SHO を出産してokapi はママになりました。
 初めての育児に戸惑うことばかり。日本の雑誌やおばあちゃんたちの強烈なアドバイスと、アメリカのある意味、奔放ともいえる育児ステップに板ばさみになりながらも、5ヶ月を過ごしました。
 そんな中、暇をみつけてはPCを開いて、先輩ママさん達のBlog に出会い、目からウロコの日々。今からでも、久しぶりにキーボードたたいてみよっかーと思い、このBlog を立ち上げました。
 沢山のママさんとの意見交換も楽しみだし、SHO のこと、色々振り返ってみれるかなぁとワクワクしてます。『okapi in hawaii』が、mamaokapi に成長してBlog に登場です。
 どうぞ、よろしくお願いしまぁす。

[PR]